保土ケ谷区版 掲載号:2017年9月7日号

区民会議

地域の要望を区に 社会

私有地問題目立つ

菅井区長に要望書を手渡した
菅井区長に要望書を手渡した
 保土ケ谷区民会議(小林由美子代表)のメンバーが、8月28日に保土ケ谷区役所を訪れ、地域のつどいで寄せられた提言や要望を菅井忠彦区長に手渡した。

 街づくりなどをテーマに住民が話し合いをする地域のつどいは、6月から7月にかけ6カ所で開催し、のべ717人が参加した。各会場で寄せられた内容を、区民会議が検討し、提言要望として39件をまとめた。

 小林代表は「なるべく生の声に忠実にと思いまとめた」と話し、「特に今回は空き家や私有地の問題が多かった。これまで触れてこなかったが、ここまで多いとみんなが困っていることだと思う」と振り返った。菅井区長は、「区民の意見をまとめていただきありがたい。より具体的にしっかりと答えていきたい」と話した。

 今後は区役所で精査し、10月末までに区民会議に回答書を渡す予定。11月4日の区民のつどいで報告される。

関連記事powered by weblio


保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

部員10人のチームが躍進

保土ケ谷リトルシニア 中学生硬式野球

部員10人のチームが躍進

9月21日号

IR誘致「時間かけて検証」

振り込め、見破って

みんなで「スマイル・ラン」

参加者募集

みんなで「スマイル・ラン」

9月21日号

子どもと理科の楽しさを

小田急ロマンスカー物語

原鉄道模型博物館

小田急ロマンスカー物語

9月21日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク