保土ケ谷区版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

川辺町在住銭本さん

将棋全国大会で3冠 教育

豊富な実戦経験生かし

3冠を喜ぶ銭本さん
3冠を喜ぶ銭本さん
 川辺町在住の銭本裕生(横浜高校3年)さんが、夏休み期間中に行われた「第30回全国高校将棋竜王戦」で初優勝した。2月の高校文化連盟将棋新人大会と8月初旬の全国高校選手権と合わせ、高校の全国大会3冠という快挙を達成した。

 決勝トーナメント当日、最初の戦いは午前7時40分から始まった。負けたら終わりという緊張感の中、銭本さんは、危なげなく勝ち進んだ。

 決勝戦は伊藤学園甲斐清和高校(山梨県)2年の福田洸大さんと顔合わせた。中盤は攻められ「ずっと苦しかった」という銭本さん。勝負手の連続だったが、徐々に形勢を盛り返し福田さんを追い詰めた。「ヘトヘトになったけど、竜王戦で結果を残せたのは嬉しい」と優勝の喜びを話す。

 持ち時間各10分で、使い切ると30秒将棋となる高校将棋竜王戦。長考派の銭本さんにとって、あまり得意ではない大会だった。昨年は神奈川県予選で敗退。「納得いくまで考えることができないので、早く攻めきることを心がけた」と今大会を振り返る。

 3年間、銭本さんの成長を見守った将棋部顧問の宮田潔教諭は「無意識のようだか、大会によって戦い方を変えるようになった。勝ち方の幅が広がった」と評価する。

 銭本さんは日ごろから高校生の大会だけでなく、一般の大会にも積極的に出場。また、宮田中学時代から通う蒲田(東京都大田区)の将棋道場でも、強豪相手に実戦を積んで勝負勘を養ってきた。「様々な対局で揉まれてきた経験が、今大会で生きた」と宮田教諭。3歳上の兄との対局は、教わる気持ちで臨むとも。「身近に指せる人がいたのは大きい」と感謝の念がにじむ。常に強い対局相手を求め、さらなる高みを目指す。

次は大学選手権で

 大学に進学する銭本さんが次に狙うのは「大学生でしかとれない大学選手権のタイトル」。先を読み戦略を練る将棋の楽しさに魅せられている限り、研鑽の日々は続く。

関連記事powered by weblio


10/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

CO2削減 達成困難

3R夢プラン

CO2削減 達成困難

10月12日号

防災資機材使い運動会

川島原地区

防災資機材使い運動会

10月12日号

「特養倍増」など盛り込む

18年度重点施策

「特養倍増」など盛り込む

10月5日号

区の歌が列車接近音に

相鉄線星川駅

区の歌が列車接近音に

10月5日号

巡回バスを試験運行

権太坂境木地区

巡回バスを試験運行

9月28日号

天王町で90m流し素麺

保土ケ谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

星川でハロウィン

10月30日

星川でハロウィン

有料スタンプカードで景品豪華

10月30日~10月30日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク