鶴見区版 掲載号:2013年3月14日号

インターアクト同好会部長として地域奉仕活動や国際貢献活動に取り組む

比嘉 彩さん

県立鶴見総合高校2年 17歳

国際交流で夢へ前進

 ○…12歳から18歳までの青少年が、奉仕活動を行うインターアクト。ロータリークラブが提唱し、世界で20万人近くの若者が参加していると言われている。その同好会が、鶴見総合高校でもこのほど結成された。潮田小学校の児童の学習サポートや、同校の韓国の姉妹校が訪問した際の補佐役などを務める。メンバーは現在1、2年生合わせて16人。部長には、自ら立候補した。普段はリーダーを買って出るタイプではないそうだ。「ボランティアに興味があった。リーダーに手を挙げたのは、チャレンジしたかったからかな」と振り返る。

 ○…外国につながりのある生徒が100人近く在籍している同校。自身も日本人の父と、フィリピン人の母を持つ。フィリピンで生まれ、6、7歳ごろに鶴見へ。同好会に参加したのは、メンバーを集めていた教諭に声をかけられたことがきっかけ。生まれ育ったバックグラウンドもあり、もともと海外に興味があったいう。「外国人と英語で交流するのが好き。『今日は元気?』とか、話すのは何気ない会話だけれど楽しい」

 ○…趣味は音楽を聞くこと。「K―POPや洋楽を聞いている。東方神起が特に好き」と女子高生らしい一面を見せる。性格について、同好会のメンバーは、「はっきりしてる。友達の悪いところもちゃんとダメだよと言える子」だと語る。「周りの子を見ていると、もっとはっきり言いたいことを言えばいいのになと思うこともある」と笑う。

 ○…今後は、募金活動やワークショップ、学校で不要になった体育館履きやリコーダーの海外寄付など、様々な奉仕活動を行っていくという。始まって間もない活動には時に辛いこともあるというが、「みんなで協力してやっていくのが楽しい」と前向き。夢は、たくさんの国の人々と出会える空港関係の仕事。「同好会で韓国へ海外研修にも行ってみたい」。夢への道のりはまだ始まったばかりだ。

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月19日号

川上 敬之さん

臨済宗建長寺派 松蔭寺の住職を務める

川上 敬之さん

1月12日号

赤堀 春夫さん

生見尾発見塾の旧東海道ウォーキングを企画した

赤堀 春夫さん

1月5日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月1日号

長谷川 勝一さん

団体活動への助成など、(公社)鶴見法人会の会長として地域貢献の先頭に立つ

長谷川 勝一さん

12月22日号

神保 修治さん

鶴見区民生委員児童委員協議会の会長を務める

神保 修治さん

12月8日号

東漸寺墓苑 限定区画販売

高級型墓石付き墓地 すべて込みで128万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

関連記事(ベータ版)

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/