鶴見区版 掲載号:2014年7月17日号

江ヶ崎町

夏祭りでふれあいの街を 社会

18日からサマーフェス

昨年の様子(写真提供は黒川会長)
昨年の様子(写真提供は黒川会長)
 江ヶ崎町内会(黒川治宣会長)はあす7月18日(金)から20日(日)まで、「江ヶ崎サマーフェスティバル」を新鶴見公園で開催する。この祭りは、急激な人口増により「お互いに顔の見えない町」となりつつある江ヶ崎町を、ふれあいのコミュニティに変えようと、同町会が6年前から実施している。

背景に人口急増

 江ヶ崎町は相次ぐマンション建設により、近年人口が急増している。鶴見区町別人口では6月30日現在で6769人と、平安町に次いで区内2位。ここ15年で3倍に膨れ上がった。

 「お互いに顔の見えない町になってしまった」と黒川会長は町の課題を分析。これまで江ヶ崎八幡神社で抽選会を行うなど、町会でコミュニティ作りに励んでいたが、いよいよ会場に人が入りきらなくなってしまい、やめることに。そこで、「新たに人が集まる場所が必要」と考えた黒川会長は、6年前にこのサマーフェスティバルを考案した。

 取り組みは成功。年々来場者は増え、昨年は地域住民らおよそ5千人が集った。

納涼踊りや抽選会も

 フェス初日となるあす18日は、午後7時から納涼踊りを開催。輪になって来場者みんなで踊ることができる。19日は正午から、町会によってカレーライスが無料でふるまわれる。最終日の20日は午後5時15分からステージで出し物も。新鶴見小学校児童によるたる太鼓や、町内有志のフラダンスなどが披露された後、午後6時から7時まで抽選会が予定されている。

 黒川会長は「人が一カ所に集まることで、顔見知りになってふれあうことができる。つながりが広がっていけば」と、顔の見える町となるべく意気込んでいる。

 フェスに関する問合せは黒川会長【電話】045・584・5458へ。

ママズスマイル横浜鶴見店

託児に罪悪感はいらない――当日OK、事前面接無しの一時預かり託児所です

https://mamas-smile.com/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

「緊急避難場所」を指定

横浜市

「緊急避難場所」を指定

1月19日号

エレベーター工事に遅れ

国道15号鶴見地下道

エレベーター工事に遅れ

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

「みどりの社会貢献賞」受賞

キリンビール横浜工場

「みどりの社会貢献賞」受賞

1月12日号

生麦の魅力 歩いて発見

増える人口 対応する施策を

新春区長インタビュー

増える人口 対応する施策を

1月5日号

神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク