鶴見区版 掲載号:2016年6月2日号
  • googleplus
  • LINE

京急鶴見駅 来夏、新商業施設オープン 高架下リニューアルへ

経済

完成イメージ図(上=西口※JR側、下=東口)
完成イメージ図(上=西口※JR側、下=東口)
 京浜急行電鉄(株)はこのほど、京急鶴見駅の耐震工事により、昨年3月末で閉店した高架下商業施設について、新たに「ウィングキッチン京急鶴見」へリニューアルすることを発表した。開業は2017年夏ごろ。同社は、「地元の人はもちろん、駅利用者にも気軽に立ち寄ってもらえる、普段使いの商業施設を目ざす」としている。

 これまで京急鶴見駅の高架下商業施設は、ドラッグストアやスーパー、飲食店などのテナントが入る「けいきゅうエキプラ鶴見」として運営されてきた。

 京急電鉄は、全72駅の耐震補強工事を進めており、京急鶴見駅では昨年4月から工事を実施。それにともない、工事の影響を受けない横浜銀行側の2店舗を除く、駅ホーム下の19店舗が閉店していた。

 「ウィングキッチン」は、同社が京急沿線を中心に展開する「京急ショッピングプラザ・ウィング」の姉妹ブランド。地域密着型商業施設と位置づけ、昨年12月開業の京急蒲田に次ぐ、同ブランド2号店となる。

食品・飲食中心に16店

 新施設は、駅高架下の1階、中2階に設置。店舗面積は2319平方メートルで、店舗数は16店舗を予定。前店舗数からの減少分は、各店の面積が拡大する想定という。

 テナントは現時点では未定。今後選定していくとするが、「地域に溶け込むコミュニティプレイス」というコンセプトのもと、食品・飲食を中心に、ファッションや雑貨店などをそろえる意向だ。

 広報担当者は「最寄駅にあると嬉しい、毎日でも立ち寄れる施設にしたい」と話す。着工は今年7月からで、一部完了していない耐震工事と並行し、内装工事などを進めていくという。

 駅周辺で店舗を営む男性は「閉店後、寂しい雰囲気だった。賑わうのは有難い。自店に良い影響が出るように努力したい」と話した。

鶴見区版のトップニュース最新6件

「横浜らしさ」を重視

新市庁舎商業施設

「横浜らしさ」を重視

12月14日号

災害時、各区に歯科医派遣へ

鶴見大

災害時、各区に歯科医派遣へ

12月14日号

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月7日号

横浜環境行動賞を受賞

生麦中野球部

横浜環境行動賞を受賞

12月7日号

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

11月30日号

全国優良老人クラブに

下末吉かがやき敬友会

全国優良老人クラブに

11月30日号

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランタンフェスタ

ランタンフェスタ

輝く700個の灯り

12月16日~12月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク