鶴見区版 掲載号:2017年1月1日号

鶴見区区制90周年

いよいよ本番イヤー 社会

記念行事が続々

キャッチフレーズには、「ワッくん」との語呂合わせに加え、100年目に向けた区内 の様々な発展計画(高速開通や花月園整備等)に、みなワクワクとした気持ちで参加・応援していけるようにという思いが込められた
キャッチフレーズには、「ワッくん」との語呂合わせに加え、100年目に向けた区内 の様々な発展計画(高速開通や花月園整備等)に、みなワクワクとした気持ちで参加・応援していけるようにという思いが込められた
 横浜市の区制施行にともない、市内最初の5区の一つとして、1927年に誕生した鶴見区は今年、90周年を迎える。昨年6月に区民らも参加する実行委員会を立ち上げるなど、準備を進めてきた区は、きょう1月1日から12月末までを「本番イヤー」と位置付け、さまざまな記念事業を展開していく予定だ。

 鶴見区は1927年10月1日、神奈川区、中区、磯子区、保土ケ谷区とともに産声をあげた。市内では唯一、誕生以降、区割り変更がされておらず、90年変わらずに歴史をまちに刻み続けている。

ロゴも利用開始

 区は90周年にあたり、昨年4月〜12月を「プレ・イヤー」とし、6月には区内各種団体や企業などの代表者らが参加する、鶴見区制90周年記念事業実行委員会を設立。8月には公募で集まった206件の候補から、キャッチフレーズが選ばれ「ワクワクつるみ!」に決定した。

 キャッチフレーズに合わせ、区のマスコットキャラクター・ワッくんのデザイナーによるロゴマークも決まり、本番用ロゴ=写真=も完成。今日から本格的に利用が開始される。

『出張鑑定団』開催

 現在、実行委員会では、90周年を盛り上げるイベントを計画中だ。

 10年前の80周年で、当時の花月園競輪場を会場に行われたメインイベントには、4万8千人が来場。今回90周年のメインイベントは、10月1日の”誕生日”が日曜日にあたるため、前日の9月30日土曜日から2日間、JR鶴見駅の東西それぞれの駅前広場を使った企画を準備している。

 さらに、もう一つの目玉となるのが、テレビ東京の人気番組『開運!何でも鑑定団』の名物企画「出張!何でも鑑定団inつるみ」の開催。9月10日(日)、鶴見区民文化センターサルビアホールを会場に開かれ、鑑定・観覧の申込みは6月ごろを予定している。

 そのほかにも、現在選定中の鶴見川フォトコンテストや応募写真を利用したマップ製作、80周年時に作られた見どころガイドをベースにした「鶴見みどころ90」=中面に関連記事=といった企画も進行中。共催事業や認定事業と呼ばれる区民発のイベントもあり、今年は「90周年」一色の鶴見区となりそうだ。

花月園競輪場を会場に行われた80周年イベント
花月園競輪場を会場に行われた80周年イベント

鶴見区版のトップニュース最新6件

更生保護女性会が50周年

一般会計実質1.3%減

市新年度予算案

一般会計実質1.3%減

2月16日号

旧耐震基準宅を戸別訪問

横浜市

旧耐震基準宅を戸別訪問

2月9日号

「稲荷」の文化継承へ

市が「専門職」増員へ

いじめ防止

市が「専門職」増員へ

2月2日号

外国人の大学進学後押し

好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

鶴見区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏の協演

箏の協演

地元奏者が二重奏

2月25日~2月25日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/