鶴見区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

中学生が救命学ぶ鶴見・市場2校で講習

教育

職員の説明を聞きながら実践する生徒(上=鶴見中、下=市場中)
職員の説明を聞きながら実践する生徒(上=鶴見中、下=市場中)
 鶴見中学校と市場中学校でこのほど、3年生を対象とした普通救命講習が行われ、生徒たちは鶴見消防署や消防団の指導のもと、いざというときの救命法を学んだ。

 講習は、日中に災害が発生した際など、地域防災の担い手として活躍が期待される中学生に対し、救命への理解促進と実践につなげることを目的に企画されたもの。卒業までの特別授業として位置付けられ、鶴見中は初開催。市場中は3回目となる。

 両校とも2日間にわかれて開かれ、鶴見中計175人、市場中計205人が参加した。

 消防職員と地域の消防団員らが講師となり、人形を使い、心肺蘇生法や人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)による訓練などを実施。生徒らはみな真剣な表情で取り組んでいた。

 参加した市場中学校の生徒は「もうすぐ卒業し、世界が広がる。そこでもし苦しんでいる人に遭遇したら、今日身に付けた救命方法を使い、一人でも多くの人を救えたら」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6件

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

生麦で旧東海道まつり23日に

11月23日~11月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク