鶴見区版 掲載号:2017年5月11日号

ダンス教室「ハマチャチャチャレンジ」を企画した

高橋 朝子さん

生麦在住 58歳

病に負けない強さと勇気

 ○…地域の健康づくりのため、1970年代に横浜で生まれたディスコダンス「ハマチャチャ」仲間の輪を広げている。ハマチャチャのステップは百種類以上あると言われ、代表的なステップは手で足を叩く「ベンツ」。「難しいけれどできると達成感が味わえる」と魅力を語る。ダンスを始めたきっかけは、13年前、右目に緑内障を発症し、長年の趣味だったバドミントンを続けることが難しくなったことだった。いつか右目の視力を失うという事実にショックを受けたが、これまでの人生の恩返しのため一念発起。地域を元気にしたいと今年3月ハマチャチャ教室を開いた。

 ○…子どもの頃から踊って歌うのが好きだった。バンド活動をしていた父などの影響で、「買ってもらったドラムを叩いて遊んでいた」と振り返る。しかし、成長とともに右耳の聴力がないことに気付く。それでも、バンド活動をし、社会人になっても音楽業界に身を置き、音楽から離れることはなかった。「耳が悪いからといってあきらめたくはなかった」。ある時出会ったプロの音楽家は、音楽を楽しむのに片耳が聞こえないことは関係ないと言った。「必ず助けてくれる人はそばにいるんですよね」

 ○…一人娘も音楽が好き。自身もバンドでボーカルを務めていたこともあり、「ザ・ピーナッツをよく一緒に歌う。娘は絶対音感があって音程はバッチリ。鼻歌を歌っているとダメ出しされることもよくある」と笑う。そんな仲良しの娘は今年結婚。「本当に嬉しい。家族でお祝いするのが楽しみ」と微笑む。

 ○…これまでの人生を振り返り「ピンチはチャンスなんです」と明るく笑う。「苦しいこともあったが探し続ければ、道を開くきっかけは必ず見えると思う」。そして出会えたハマチャチャ。「理想は、ライブハウスを貸し切って、生バンドをバックに皆で踊りたい」。再び前を向く強さと勇気で、人々を元気づけていく。

関連記事powered by weblio


鶴見区版の人物風土記最新6件

蜂須賀 敬明さん

『横浜大戦争』を執筆した

蜂須賀 敬明さん

7月27日号

大滝 愛子さん

国際交流ラウンジで日本語を教えるボランティア活動を行う

大滝 愛子さん

7月20日号

上原 良廣さん

県立鶴見養護学校後援会の会長として尽力する

上原 良廣さん

7月13日号

神崎 夕紀さん

キリンビール横浜工場工場長に就任した

神崎 夕紀さん

7月6日号

青木 雅人さん

4月から東京地方税理士会鶴見支部の支部長に就任した

青木 雅人さん

6月29日号

浜田 利文さん

生麦小学校学援隊の隊長を務める

浜田 利文さん

6月15日号

7月30日は横浜市長選挙

投票日に行けない方は期日前投票を

http://www.city.yokohama.lg.jp/senkyo/

<PR>

関連記事(ベータ版)

鶴見区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/