鶴見区版 掲載号:2017年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

ダンス教室「ハマチャチャチャレンジ」を企画した高橋 朝子さん生麦在住 58歳

病に負けない強さと勇気

 ○…地域の健康づくりのため、1970年代に横浜で生まれたディスコダンス「ハマチャチャ」仲間の輪を広げている。ハマチャチャのステップは百種類以上あると言われ、代表的なステップは手で足を叩く「ベンツ」。「難しいけれどできると達成感が味わえる」と魅力を語る。ダンスを始めたきっかけは、13年前、右目に緑内障を発症し、長年の趣味だったバドミントンを続けることが難しくなったことだった。いつか右目の視力を失うという事実にショックを受けたが、これまでの人生の恩返しのため一念発起。地域を元気にしたいと今年3月ハマチャチャ教室を開いた。

 ○…子どもの頃から踊って歌うのが好きだった。バンド活動をしていた父などの影響で、「買ってもらったドラムを叩いて遊んでいた」と振り返る。しかし、成長とともに右耳の聴力がないことに気付く。それでも、バンド活動をし、社会人になっても音楽業界に身を置き、音楽から離れることはなかった。「耳が悪いからといってあきらめたくはなかった」。ある時出会ったプロの音楽家は、音楽を楽しむのに片耳が聞こえないことは関係ないと言った。「必ず助けてくれる人はそばにいるんですよね」

 ○…一人娘も音楽が好き。自身もバンドでボーカルを務めていたこともあり、「ザ・ピーナッツをよく一緒に歌う。娘は絶対音感があって音程はバッチリ。鼻歌を歌っているとダメ出しされることもよくある」と笑う。そんな仲良しの娘は今年結婚。「本当に嬉しい。家族でお祝いするのが楽しみ」と微笑む。

 ○…これまでの人生を振り返り「ピンチはチャンスなんです」と明るく笑う。「苦しいこともあったが探し続ければ、道を開くきっかけは必ず見えると思う」。そして出会えたハマチャチャ。「理想は、ライブハウスを貸し切って、生バンドをバックに皆で踊りたい」。再び前を向く強さと勇気で、人々を元気づけていく。

鶴見区版の人物風土記最新6件

渡辺 佑樹さん

プロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから指名を受けた

渡辺 佑樹さん

11月16日号

倉下 至弘(よしひろ)さん

鶴見区食品衛生協会の会長として活躍する

倉下 至弘(よしひろ)さん

11月9日号

青島 正晴さん

ともにつくる会・かながわの共同代表

青島 正晴さん

11月2日号

諸星 百合子さん

矢向地域ケアプラザで子育て支援活動をする

諸星 百合子さん

10月26日号

永井 恒雄さん

行政相談委員として活躍する

永井 恒雄さん

10月19日号

海老澤 恒夫さん

岸谷商栄会の理事長として尽力する

海老澤 恒夫さん

10月12日号

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

生麦で旧東海道まつり23日に

11月23日~11月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク