鶴見区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

北線高架下緑地が一部開放

社会

キリン整備 全面は年度内

一部開放された緑地
一部開放された緑地
 キリンビール(株)横浜工場が整備を進めていた横浜環状北線の高架下緑地の一部が、8月1日に一般開放された。同工場は「高速道路下という環境負荷の高い場所に緑を置くことで、二酸化炭素が固定されるなど環境面でも価値がある。近隣の憩いの場になれば」と話す。全面開放は年度内を予定している。

 高架下の土地は、北線整備にあたり、キリンが一部売却していたもの。それにより、工場立地法における緑地面積率が不足したことを受け、今回、同法の敷地外緑地制度を利用して整備された。

 7月19日には、市と首都高、キリンの3者で管理に関する協定を締結。今後は整備したキリンが維持管理していく。

 高架下緑地は、面積1・8ヘクタール。日の当たらない高架下という環境のため、ツタやシダなどの陰性植物を中心に約40種類を植えている。日照条件の良い部分には花類や高木も植栽。雨が降らないという難点は、スプリンクラーを配置して対応する。

450mの緑道に

 1日に開放されたのは、子安寄りの工場見学入口付近で、0・4ヘクタール分。

 残るエリアは、旧東海道沿いの延長約360m、幅員約40mの土地で、中央部分に遊歩道を設け、その両側に緑を配置。自然の勾配を生かした造りとなっている。位置づけは道路となるため、ベンチなどの設備は設置していない。

 全面開放は年度内を予定。市が高架下の緑地化にあわせ、10月から旧東海道に整備する歩道の完成を待って行われる。完成すれば全長約450mとなり、同工場内のビオトープ、キリン桟橋まで、緑のベルトのような道になる。

 市は、「工場地域において貴重な緑で、さらにそれが利用できるのは、市民にとって大きなメリットになるのでは」とする。

 緑地の開放は火曜日〜日曜・祝日(年末年始除く、月曜が祝日の場合は翌火曜閉鎖)。時間は午前9時〜午後10時まで。

生麦事件碑も移設

 今回一部開放された敷地内に、北線の工事により移設されていた生麦事件碑も再移設された。国道沿いに戻るのは7年ぶりとなる。

関連記事powered by weblio


ママズスマイル横浜鶴見店

託児に罪悪感はいらない――当日OK、事前面接無しの一時預かり託児所です

https://mamas-smile.com/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コーラス、マンドリン共演

コーラス、マンドリン共演

22日に「つるみ楽翔祭」

10月22日~10月22日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク