鶴見区版 掲載号:2017年8月24日号
  • googleplus
  • LINE

『鶴見ふるさと音頭』を歌う 美咲 朱里さん 栄町通在住 (本名:高橋京子)

偶然が生んだ”歌人生”

 ○…「鶴見の記念の歌。とても光栄だけど、私で良いのかと思った」。昨年末に届いた、作詞した寺尾第二地区連合会・宮野昌夫さんからの依頼。正直な気持ちを振り返る。「全国発売が夢だと聞いた。未熟な私でも叶えられるなら」。地域活性化にもつながると引き受けた。寺尾周辺の夏祭りで一足早く披露すると、「覚えやすくて、踊りやすい」。そんな嬉しい声が届いた。

 ○…茨城県出身。結婚を機に鶴見に移り住む。幼いころから歌うことは好きだったが、歌手になろうとは思いもしなかった。主婦業をこなしながら、経理事務として働き、空いた時間に一人カラオケ。「今は当たり前だけど、ずっと前から一人カラオケしていたのよ」。そう言って笑う。歌い手への道を開いたのは夫だった。20年ほど前、カラオケ教室に無断で申込み、入室した。講師が応募したカラオケ誌のテープ審査で高得点を連発。全国カラオケ選手権で年間グランプリを獲得した。2011年、日本音楽振興会の薦めもあり、CDデビュー。「記念にと作ったつもりだった」

 ○…プロ意識が芽生えたのは最近のこと。「やる気のない歌手だった」。自嘲気味に笑む。時間に余裕ができて変わった。昨年改名し、シングル曲を発表。「色々とお世話になった人に恩返しがしたい」。今回の依頼を受けたとき、A面に自分の曲を入れたいと申し出た。現在師事するボイストレーナーが作曲したもの。数ある感謝の一つを形にした。

 ○…宝塚に劇団四季、歌舞伎等々、観劇が趣味。プロの舞台に感動しながらも、衣装を参考にするなど、実益も兼ねる。成り行きでここまで来たと評する歌手人生。カラオケ大会とは違う本番の舞台は、震えるほどに緊張する。それがプロの証とも感じる。鶴見の歌として歌ってもらい、愛してもらえるように。見守り続けてくれる家族、支えてくれる人や作者たち、そして歌に感謝して、今日もまたステージに上がる。

鶴見区版の人物風土記最新6件

川村 丈夫さん

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した

川村 丈夫さん

12月14日号

廣瀬 良弘さん

江ヶ崎町にある寿徳寺の住職を務める

廣瀬 良弘さん

12月7日号

瀬沼 公夫さん

その道50年の職人大工として活躍する

瀬沼 公夫さん

11月30日号

浦川 柳介さん

ワッくん鶴見カルタの挿絵を描くなど、イラストレーターとして活動する

浦川 柳介さん

11月23日号

渡辺 佑樹さん

プロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから指名を受けた

渡辺 佑樹さん

11月16日号

倉下 至弘(よしひろ)さん

鶴見区食品衛生協会の会長として活躍する

倉下 至弘(よしひろ)さん

11月9日号

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランタンフェスタ

ランタンフェスタ

輝く700個の灯り

12月16日~12月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク