鶴見区版 掲載号:2017年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

各地域防災拠点で訓練意識向上のため参加を

社会

 関東大震災の発生にちなみ、1960年に制定された9月1日の「防災の日」。全国各地で防災訓練が行われる中、区内でも毎年、地域防災拠点などの訓練が実施されている。

 今年も9月最初の日曜日となる3日を中心とし、月末までに区内31拠点中、17拠点が訓練を計画している。拠点開設や簡易トイレ設置など、各拠点とも内容を工夫して行う予定だ。

 横浜市の地域防災拠点は、避難するだけの場所とは異なり、情報、物資を集約する災害時の拠点となる施設。区内は31の公立小中学校が指定されている。

 6年前の東日本大震災をはじめ、一昨年の関東東北豪雨、昨年の熊本地震、そして今年7月の九州北部豪雨と、自然災害の猛威が毎年のように日本を襲う昨今。日ごろから備える「自助」の意識に加え、各拠点での活動など「共助」のための準備も必要になっている。

 9月中に訓練のある拠点は以下の表のとおり。

鶴見区版のローカルニュース最新6件

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

生麦で旧東海道まつり23日に

11月23日~11月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク