鶴見区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

ケアサークルすえよしの代表を務める江田 隆子さん下末吉在勤 59歳

人を支えて40年

 ○…末吉地区で見守り活動を積極的に行う団体ケアサークルすえよしの代表を務める。普段はクレイン在宅ケアセンターでケアマネジャーとして働きながら、活動の定例会や、認知症サポーター養成講座の開催時に講師や寸劇の役として参加する。「認知症の女性役は結構好評を得ているんですよ」。最近は活動を通して「すれ違って声を掛けられる人が増えた」と成果を実感している。

 ○…山形県の米農家に生まれた。「勉強や努力は苦手な怠け者だった」と振り返る。中学2年生の頃、交通事故で入院。看護師の仕事が楽そうに見えたことから高校卒業後、川崎の看護学校へ進学。病院に勤務すると現実の厳しさに直面し、「当時70キロあった体重が20キロも減った」と苦笑する。結婚を機に退職。専業主婦を経験したのち、川崎区役所の保健所で非常勤職員として働き始める。そこで感じたのは病院勤務では見えてこなかった生活の場での困難だった。「病院は患者がやり方を合わせるけど、訪問では、家のやり方に合わせなければいけない」

 ○…8年ほど前、ある高齢の夫婦を担当した。若い頃は働き者でおしゃれだった妻が、台所で鍋を空焚きし、夕方になると徘徊をするようになった。誰のもの分からない洗濯物を抱えて帰宅することが続いた。ある日、とうとう帰宅できず、翌朝、裸足で座り込んでいる所を警察に保護された。「彼女が歩き回ったエリアはたくさんの人の目があったはずなのに誰にも声をかけてもらえなかった」。そんな状況に疑問を強く感じ、現在の見守り活動を始めた。

 ○…夫と2人の子どもの4人家族。好きなのは食べること。昔は3升をペロリと食べていたという。友人と行く年に1・2回の温泉旅行は至福の時間。娘にもらったウクレレも嗜む。「色々な人に合わせる仕事。引き出しは多い方が良い」。様々な人と関わりながら、優しい眼差しでこれからも人を支えていく。

鶴見区版の人物風土記最新6件

渡辺 佑樹さん

プロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから指名を受けた

渡辺 佑樹さん

11月16日号

倉下 至弘(よしひろ)さん

鶴見区食品衛生協会の会長として活躍する

倉下 至弘(よしひろ)さん

11月9日号

青島 正晴さん

ともにつくる会・かながわの共同代表

青島 正晴さん

11月2日号

諸星 百合子さん

矢向地域ケアプラザで子育て支援活動をする

諸星 百合子さん

10月26日号

永井 恒雄さん

行政相談委員として活躍する

永井 恒雄さん

10月19日号

海老澤 恒夫さん

岸谷商栄会の理事長として尽力する

海老澤 恒夫さん

10月12日号

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

生麦で旧東海道まつり23日に

11月23日~11月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク