鶴見区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

学校教育を考える市民団体が集会

教育

集会の参加者たち
集会の参加者たち
 いじめや不登校などをテーマに横浜の教育や市政を考えるタウンミーティングが22日、寺尾地区センターで行われた。主催はともにつくる会・かながわ(青島正晴代表=人物風土記で紹介)。

 当日は地域住民や元教員など18人が集まり、子どもの貧困率の状況から、少人数学級の取り入れ、中学校給食の無償化などについての議論が行われた。

 主催したともにつくる会・かながわは今年7月に結成された市民団体。現在30人ほどが所属し、横浜の教育を変えていくことを目的として活動する。

貧困7人に1人

 厚生労働省が発表した国民生活基礎調査によると、子どもの貧困率は2015年時点で13・9%、7人に1人。一人親世帯の貧困率は50・8%と半数以上で依然として高い水準にある。文科省の発表では、2000年から14年間の中学校不登校生徒の数は190万人近くに上る。

「35人以下学級を」

 現在35人以下の少人数学級が導入されているのは、小学2年生まで。これは国が定めている標準で、自治体が独自で少人数学級を採用することは認められている。教員を増やす必要があるため負担もあるが、綾瀬市など県内の他都市では既に取り入れているところもある。会では小学生の母親から「3年生になってクラスの人数が増え、しっかりと見てもらえていないように思う」といった意見が挙がっていた。

鶴見区版のローカルニュース最新6件

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

生麦で旧東海道まつり23日に

11月23日~11月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク