鶴見区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

ともにつくる会・かながわの共同代表青島 正晴さん東寺尾在住 62歳

「教育を変えたい」

 ○…横浜の教育に提言をする市民団体「ともにつくる会・かながわ」を7月に立ち上げた。教育委員会の定例会を傍聴するなど、知識を深めながら、このほど地域住民を招いたタウンミーティングを初めて開いた。「普段、学校と保護者の間でこういったやりとりができる場が少ない。重要な機会になると感じた。もっと自分や子どもの暮らしをチェックして考えてほしい」

 〇…静岡県出身。中学生時代の先生に憧れ、小学校の教職を取得。「一緒によく遊んでくれたし、子どもの目線に近い、身近な先生だった」。1981年から生麦小学校で新任として活躍。今年の3月に退職するまで区内6つの小学校を経験。子どもたちの誕生日にギターでバースデーソングをプレゼントする陽気な教師だった。「へたくそだけど何か心に残ってくれたら」。転機は、学級で不登校者が出る中、自身の子どもも不登校になったこと。「若い頃は無理やり来させようとしていた。いい先生のつもりでいただけで、子どもを追い詰めてしまっていた」。それからは「教育とは何か」を深く考えるように。「不登校になると多くの人が『レールを外した』と思う。そんなことはない。その気になればいくらでも時間は取り戻せる」

 〇…趣味はギター。「へたくそだけど」と念を押す。音楽の授業ではCDでなく、自分のギターを披露。サイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」を中学生の時に聞いてから、ロックの世界にどっぷりと浸かった。「若い頃はバンドも組んでいた」と照れ臭そうに笑う。

 〇…近年、子どもの数は減っているが、不登校の数は増えているという。「子どもの立場に立って考えることが大切。でも、みんな忙しい中、一生懸命やっているからね」。職員の増加による教育の質の向上も検討する。「学校が自分らしさをもっと発揮できる場になればいい」。全ては未来を担う子どもたちのため。今日も全力だ。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

渡辺 佑樹さん

プロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから指名を受けた

渡辺 佑樹さん

11月16日号

倉下 至弘(よしひろ)さん

鶴見区食品衛生協会の会長として活躍する

倉下 至弘(よしひろ)さん

11月9日号

諸星 百合子さん

矢向地域ケアプラザで子育て支援活動をする

諸星 百合子さん

10月26日号

永井 恒雄さん

行政相談委員として活躍する

永井 恒雄さん

10月19日号

海老澤 恒夫さん

岸谷商栄会の理事長として尽力する

海老澤 恒夫さん

10月12日号

山崎のどかさん

日本植物学会第81回大会で最優秀賞を受賞した

山崎のどかさん

10月5日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

生麦で旧東海道まつり23日に

11月23日~11月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク