神奈川区版 掲載号:2015年6月4日号

大口に「店舗開放(シェア)型サロン」 社会

バー開店前を利用

運営する小野寺さん(右から2人目)ら
運営する小野寺さん(右から2人目)ら

 大口駅近くにあるバー、テイクス=神之木町2の45=にこのほど、地域サロン「みんなのオアシス」がオープンした。一般的な喫茶機能に加え、店内の一角をシェアスペースとして貸し出すことで、地域住民に広く提供する新しい形の地域サロンを展開する。

 音頭をとるのは、入江で美容サロン、オアシスデラーナを経営する小野寺知恵さん(大口通在住)。これまでにも、テイクスのオーナーである岩瀬剛士さんと協力してイベントを企画するなど、大口の地域活性やコミュニティーづくりに取り組んできた。「みんなのオアシス」も、その一つとして始めたものだ。

 同サロンの営業は、日曜日を除く午前10時から午後4時まで。コーヒー・紅茶、ジュースなど(1杯200円)を注文して店内でくつろぐことができる。散歩や買い物の合間に利用する人が多く、食べ物の持ち込みが可能なため子育て中の母親たちにも広まりつつあるという。

女性の起業応援

 このサロンの大きな特長は、自治会町内会が会館などを活用して運営する一般的な地域サロンとは異なり、店内の一角をシェアスペースとして貸し出しているという点だ。起業支援にも取り組んでいる小野寺さんが「自分で何かやってみたいという方の第一歩としてスペースを提供したい」という思いから同システムを取り入れた。現在は、ハワイ式マッサージやハンドメイドアクセサリー販売などが行われており、中には子育て中の女性もいる。

 ヘッドスパを提供する「頭サロン」を出店した、阿部志穂さん(神之木町在住)もその一人。3人の子どもを育てながらの起業だが、「地元の方とコミュニケーションがとれ、とても良い環境です。個人のお店を持つ前のシミュレーションになる」と話している。

若者への仕掛けも

 今月からは、焼き菓子・パンの販売やフリーマーケットも定期開催する予定。また、小野寺さんは「高校生などにも利用してもらえる仕掛けや、近隣の小学校などとも連携できないか模索している」と話し、若者向けメーク講座や職業体験なども計画している。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

いき愛子

日本まるごとイキイキさせたい! 080-3755-9920

http://iki-aiko.net/

<PR>

関連記事(ベータ版)

神奈川区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク