神奈川区版 掲載号:2016年8月18日号
  • googleplus
  • LINE

4時間かけて神輿渡御氏子100人以上が参加

文化

掛け声とともに本殿に向かって神輿を担ぐ氏子ら
掛け声とともに本殿に向かって神輿を担ぐ氏子ら
 東神奈川にある笠のぎ稲荷神社(小野和伸宮司)で8月6日・7日、毎年恒例の例大祭が行われた。

 今年も神社周辺に住む氏子らが町ごとに揃いの衣装を身にまとい、重さ300kgの金色に輝く神輿を担いだ。氏子5カ町(稲荷町、亀住町、新町、立町、浦島丘)を4時間かけて練り歩いたのち、「せいやー、せいやー」と威勢のいい掛け声を響かせながら神社の境内に戻り、神輿を奉納。三本締めで神輿渡御を締めくくった。

 同神社の神輿は、小野宮司と氏子たちの「何かを後世に残していきたい」という気持ちから11年前に新調された。小野宮司は「境内での盆踊りも含め、氏子の皆さんの協力でここまで続けてこられた」と感謝の言葉を口にした。

神奈川区版のローカルニュース最新6件

篠原教会クリスマスコンサート 

12月9日14時開演 妙蓮寺4分 プロソプラノ歌手のクリスマスメドレーを

http://shinohara-church.main.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

25日に緑道フェスタ

25日に緑道フェスタ

トンネルで竹灯籠

11月25日~11月25日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク