神奈川区版 掲載号:2016年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

豊顕寺で「万灯行列」子どもら伝統に触れる

文化

万灯や提灯を持って行列を作る参加者
万灯や提灯を持って行列を作る参加者
 三ツ沢西町にある法華宗法照山豊顕寺(ぶげんじ)(今井満良住職)で10月12日、「こども万灯行列」が行われた。

 これは、日蓮大聖人を偲ぶ法会「お会式」の一つとして江戸時代から毎年命日の前日である10月12日に行われてきた万灯行列を、同寺が50年ほど前から子ども向けにアレンジして続けているもの。毎年、檀家や地域の親子連れ約500人が火を灯した万灯や提灯を持って寺の周辺を練り歩いており、今年も多くの人でにぎわった。

 新潟県の本成寺を総本山とする豊顕寺は、愛知県にあった本顕寺が約480年前に三ツ沢の地へ移り寺号を改めたのが始まり。昨年には開創500年を迎え、今井住職は「この行事が続いている末寺はここだけ。絶やさず守っていきたい」と決意を新たにした。

神奈川区版のローカルニュース最新6件

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

25日に緑道フェスタ

25日に緑道フェスタ

トンネルで竹灯籠

11月25日~11月25日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク