神奈川区版 掲載号:2017年7月13日号

朝獲れ魚を袋詰め 経済

市場開放でイベント

 「おっきい魚がいっぱいになった―」。月に2回、市場に子どもたちの声が響く。

 横浜中央卸売市場の水産物部では、毎月1週目と3週目の土曜日が市場開放日となっており、地域住民との交流や魚食の普及を進める「市場と地域住民との交流魚食普及活動実行委員会」が市場ならではのイベントを行っている。

 多くの人で賑わった1日は、金沢区の海で養殖している「ぶんこのこんぶ」が入った魚河岸汁が振る舞われたほか、まぐろの解体ショーなども行われた。この日は「朝獲れ魚の詰め放題」も開催。早朝に平塚の海で獲れたシイラやサバ、コイワシ、ワカシ(ブリ)などが大量に持ち込まれ、100人以上の参加者が袋一杯に魚を詰め込んだ。

 主催者は「魚を通して地域の人に楽しんでもらうことで、市場の活性化になれば嬉しい」と話した。

関連記事powered by weblio


心臓病専門のクリニックオープン

7月29日・30日内覧会。クリニックこども体験教室(事前申込み)も開催!

http://shinyoko-hc.com/

<PR>

神奈川区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

神奈川区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/