神奈川区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

菅田中防災スクール「できます!カード」で共助促進災害時想定し、意思表示

教育

「できます!カード」を持つ生徒たち
「できます!カード」を持つ生徒たち
 神奈川区が昨年度作成した「中学生向け防災ガイド」に沿った取り組みが9月2日、菅田中学校(河島一校長)の防災スクールでスタートした。2年生は「できます!カード」と呼ばれる支援ツールを活用し、地域防災拠点の菅田小学校で訓練に臨んだ。「重い物が運べる」など生徒自身ができることをカードに記入し、地域防災拠点で提示することで、共助の取り組みを進めた。

 神奈川区では昨年度、中学生の自助・共助の取り組みを啓発しようと「次世代啓発プロジェクト」を立ち上げ、「中学生向けの防災ガイド」と教職員向けの活用マニュアルを発行。今年度に入り、支援ツールとして「できます!カード」も作成した。

 カードは災害時を想定して、「事前に自分だったら何ができるか」を考えるきっかけにしてもらう狙いがある。表には、名前や中学校名、自分ができることを記入する欄があり、裏は自治会や地域防災拠点、緊急連絡先など災害時に必要な情報を記入する。半分に折れば生徒手帳に収まるほどの大きさで、常時持ち歩くことを想定して作られた。

区内初の取り組み

 防災スクールでは中学2年生が「中学生向けの防災ガイド」に沿って「『助けられる人』から『助ける人』になろう」をテーマに授業を行い、カードに記入する「自分ができること」を考えた。この区内初の取り組みについて田中巧さんは「重いものを運ぶことができる」、岸快誠さんは「小さい子どものお世話ができる」などを記入した。

 午後からは、地域防災拠点の菅田小学校へ赴き、カードを受付で提示。「自分ができること」を確認した。古市貴大さんは「学んだことを活かし、地域のために役立ちたい」と話した。

消防団が指導

 菅田中学校では、9月の第1週に防災スクールを開いている。5回目となり、今年は100人近くの消防団員や消防署員が全校生徒に防災指導を行った。学年で体験内容が異なり、AEDを活用した心肺蘇生訓練(3年生)や携帯発電機の起動訓練(2年生)、三角巾を利用したけが人の応急処置訓練(1年生)など1学年2項目を体験した。

神奈川区版のトップニュース最新6件

支給時期早める

入学準備費

支給時期早める

11月16日号

子ども食堂、学生の手で

女性・学生取り込みに活路

市消防団員

女性・学生取り込みに活路

11月9日号

大口で「まちゼミ」

入居困難者に空き家紹介

高齢者や障害者など

入居困難者に空き家紹介

11月2日号

高齢者支援、地域一丸で

菅田地区

高齢者支援、地域一丸で

11月2日号

篠原教会クリスマスコンサート 

12月9日14時開演 妙蓮寺4分 プロソプラノ歌手のクリスマスメドレーを

http://shinohara-church.main.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

25日に緑道フェスタ

25日に緑道フェスタ

トンネルで竹灯籠

11月25日~11月25日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク