神奈川区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

10月で15周年を迎えた短歌の会「青海波(せいがいは)」を主宰する

能登谷 恵美子さん

高島台在住 77歳

三十一音でつづる日常

 ○…1300年前から受け継がれる五・七・五・七・七の形。短歌は「日常を三十一音で表現する言葉の遊び。昔の人は常套の手法だった」と説明する。一人ひとりの歌が青い海のように広大さを持ち、その時々で浮き沈みある波を覗かせる――。短歌の趣を表現した「青海波」は幸ケ谷コミュニティハウスを拠点に10歳から88歳まで幅広い年代の人が集う短歌の会だ。月に一度、考えた歌を持ち寄り、批評し合う。「年代、暮らしも違う会員が自由に感じた日常を歌にする。そこに壁はなく、言葉を遊ぶ贅沢な時間となる」と魅力に触れる。

 〇…学生時代には自由詩に興味を持った。西脇順三郎氏の作品などは今も口ずさむことがある。出版社に身を置くなか、仲間から結社に招かれたことで短歌に出会った。日常を三十一音でまとめる。日々の暮らしを詠むなかで、手紙などにも短歌を添えるようになった。「何気ない日常を五・七・五・七・七で言葉にする楽しさを知った」と今も暮らしで感じる一喜一憂を詠んでいる。

 〇…働くなかで出会った仲間たちと50歳のときに都内で出版社「ザ・ニュース」を立ち上げ、時事ニュースで英語を学ぶ月刊誌を発行した。「時代が早く難しい仕事だった」と振り返る。退職後は、「日常で綴ってきた短歌を仲間と詠む時間を大切にしたい」と「うたにあそぶ会青海波」を設立。特別顧問として親戚の歌人の小林峯夫さんが協力している。今では、色々な公募の場所で賞に輝くほどに成長した。

 〇…高島台に住み30年。「海が近く、都内へのアクセスに惹かれた」と話す。フルート演奏や旅行、読書など趣味も多彩。その一つひとつの場面を記録するのは三十一音だ。「仲間と一緒に歩み15年。歌集は十三本目となる。これからも言葉を遊ぶ贅沢さを噛みしめたい」。結びに一首。”何気ないそこのシーンを歌にして思い出残す日々の贅沢”

関連記事powered by weblio


神奈川区版の人物風土記最新6件

加藤 安昭さん

NPO法人フードバンク横浜の事務局長として生活困窮者などを支援する

加藤 安昭さん

10月5日号

小川 真奈美さん

三ツ沢東町にオープンした子ども食堂の代表を務める

小川 真奈美さん

9月28日号

中村 保次さん

ポートサイド公園フェスタ29の実行委員長として準備に励む

中村 保次さん

9月21日号

原島 隆行さん

認知症高齢者を街で守る啓発イベント「オレンジプロジェクト」を企画した

原島 隆行さん

9月14日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

9月7日号

村松 享さん

横浜市中央卸売市場に勤めながら、魚食の普及活動を推進する

村松 享さん

8月31日号

いき愛子

日本まるごとイキイキさせたい! 080-3755-9920

http://iki-aiko.net/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク