神奈川区版

イルカ博士の生命感動日記の記事一覧

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    (最終回)㊿赤ちゃんを人間にする

     毎日のように、幼い子どもを抱えたお母さんのストレスによる悲しい事故が報道されています。働くお母さんたちの多くは子育てに対する不安を持っています。 子...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊾優しさ力(他者への思いやり)

     1月20日、フロリダ州南西部エバーグレーズ国立公園のホッグ・キー海岸に82頭のオキゴンドウ(歯クジラの仲間)が座礁し大量死しました。これまでも、鹿児...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊽自分の身は自分で守ろう

     本年も皆様にとって良き一年となられますように、心からご祈念申し上げます。  今回は、イルカのお昼寝を通して危機管理につ...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊼大切なもの

     今年一年を振り返えられて、実りある一年となられましたことでしょうか。  今年はイルカを通して健康になるため自然の中で自...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊻水中出産で生まれたスイマー

     リオ五輪で活躍された競泳の池江璃花子選手は水中出産でうまれ、イルカのように速く優しいスイマーに成長されたそうです。...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊺感染症への備え

     御蔵島は東京の屋久島と呼ばれるほど、巨木をはじめ多くの植物を育む大量の水が湧き出る島です。  イルカウオッチング舟で断...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊹お天道さまが見ている

     ぼくは「お天道さま」という言葉が大好きです。小さいとき、悪いことをしないように母が口癖のように「お天道さまが見ているからね」と言っていました。当時は...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊸観察することが何より大切

     日本で唯一野生のイルカと泳げる御蔵島は、東京の屋久島と呼ばれるほど多くの植物を育む大量の水が湧き出ています。イルカウオッチングボートで、断崖絶壁の島...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊷イルカの保育士

     イルカは水の中で暮らしていても、魚のようなエラ呼吸ではなく肺呼吸を行っていますから、息を吸うときには必ず水面上に出てこなくてはなりません。海に入る前...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊶脳の優しさを育てるには

     残忍極まりのない事件が次々と報道される中、今回は「イルカも脳に優しさをもっている」ということに注目してカーミング(優しさ)という文字の響きに心を癒し...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊵イルカの音楽隊

     イルカが奏でる音楽は、環境を測るクリックス音、喜びや驚きを現す層状音、仲間との会話のホイッスル音と三つに分けられます。 私は子どもたちとウエットスー...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊴春の海ににおう

     私たち人間(ヒト)がこの世界で生きるということは、常にまわりを五感で知覚し、それに基づいて行動することを意味します。...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊳イルカのクリスマスショー

     イルカの音を聴くことは実に優雅な楽しみをもたらしてくれます。ただし、少しだけ意識的な訓練が必要ですけれど。  イルカを...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊲虫めがねで自然を探検する意味

     子どもと一緒に島を探検することは、ぼく自身の感受性を呼び起こし磨きをかけます。  大人になった私は、しばらく使っていな...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㊱視覚で探検する意味

     子どもと一緒に自然を探検することは、あなた自身の感受性を呼び起こし磨きをかけます。私たちの多くは、周囲の世界の多くを視覚で認識し理解していますが、目...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉟母乳バンクに思うこと

     今年の夏休みは、アメリカ・シアトルの娘宅で約2カ月過ごしました。その間、第二子の男孫が誕生。私も抱き上げ寝かせるなど、父親役の代行を体験させてもらい...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉞遊びについて

     幼児のものごとの受け取り方は《意思→感情→思考》というパターンで認識し、大人とまったく逆であると紹介しました。...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉝イルカの追い込み漁禁止

     日本の水族館がイルカを仕入れる方法を巡り、WAZA(世界動物園水族館協会)から除名を予告されていたJAZA(日本動物園水族館協会)は先月20日、世界...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉜イルカの座礁とは

     4月10日午前6時頃、茨城県鉾田市海岸に150頭のイルカが打ち上げられました。過去には、種子島や鹿島市海岸などで400頭近くが砂浜に打ち上げられてい...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉛幼少年期からの生きがい創り

     先日、日本ウエルネススポーツ大学と日本幼少年協会共催の「日本健康・スポーツ学会設立記念大会」に参加しました。その内容を少しご紹介します。...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉚人格障害を出さないためには

     ここ数年間のわが国の子育てに伴う政策の中で、道徳教育の必要性が叫ばれています。また、子どもを育てる大人たちの迷いや悩みが増幅して、子どもの笑顔に大き...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉙生きる力を育てるために

     ここ数年間の改革政策の結果ともいえる格差社会の広がりが、子どもたちの笑顔に大きな影を落とそうとしています。このような中で、生物学の原則である「個体発...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉘子育ては難しいものではない

     働くお母さんたちは、多かれ少なかれ、育児に対する不安を持っています。でも、子どもを育てるということは、遠い昔の先祖から人間がずっと行ってきたこと。保...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉗自然と向き合う

     前回、水中で野生イルカとつきあう方法などを紹介しました。  現代はスマホを持ち、パソコンで何でも情報が得られ、移動は電...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉖イルカと楽しく泳ぐには

     プールや海の中でイルカを観察するには、それに適した泳ぎ方・浮かび方を練習しなければなりません。そのコツは「ゆったりとからだを保つこと」です。...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉕御蔵島のイルカと遊ぶ手順(1)

     みなさん、今年の夏は海に出かけましたか。イルカと遊びましたか。  私が長年訪問してイルカと泳ぎ、生態研究した御蔵島は東...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉔豊かな感性

     これまで、赤ちゃんを生物学的にみる心の仕組みなどについて紹介してきました。  「八月はランドセルも夏休み」「しゅくだい...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉓イルカが人を助ける

     ヒトは日常生活で困っている他人を見ると助けてあげたい衝動にかられ、多くの場合、何らかの親切を行います。こうした動物界の中でも特異的なヒトの「利他行動...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉒「おばあさん仮説」をご存知ですか?

     伝統に科学の光をあてることの魅力について、おばあさん仮説という面白い資料があります。Q.女性は閉経期を過ぎても、なぜ長く生き続けるので...(続きを読む)

  • イルカ博士の生命感動日記

    連載寄稿

    イルカ博士の生命感動日記

    ㉑花は看るものです

     「花は見るものではなく、看るものです」――。園芸家・江尻光一氏は色紙にこんなことを書いています。 看るというのは目の上に手をかざし、相...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

今週末は横浜北仲マルシェへ

今回はベトナムフェスタとのコラボ―レーション!都市型マルシェを楽しもう。

http://www.yokohama-kitanaka-marche.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク