宮前区版 掲載号:2013年5月31日号

池でスイスイ愛らしく

東高根にカルガモ親子

親鳥の後を追って泳ぐ雛たち
親鳥の後を追って泳ぐ雛たち
 東高根森林公園でカルガモの親子が来園者の目を楽しませている。

 親鳥と7羽の雛が見つかったのは5月20日の朝。親鳥の後を追って泳ぐ姿を来園者が発見し、同公園事務所に知らせた。副所長の瀬尾克美さんによると、公園内でカルガモの雛がかえったのが確認されたのは約10年ぶり。親子は餌を求めて、より多くの植物や昆虫がいる、園内にある複数の池を移動している。カルガモの親子を見ようと来園する人も増えており、自然と触れ合う機会にもなっているという。

 来園者の72歳の男性は「無事に育ってほしい。大きくなってどこかへ行ってしまってもいずれは帰ってきてくれれば」とほほ笑んだ。瀬尾副所長は「むやみに餌を与えないようにしてほしい。自然に任せて育っていくのが一番。雛が自分で餌をとり、飛び立てるようになるまで、来園者には温かく見守ってほしい」と話している。

宮前区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「クリスマスを教会で」

鷺沼キリスト教会

「クリスマスを教会で」

24日、コンサート

12月24日~12月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク