宮前区版 掲載号:2016年1月15日号

障害者福祉拠点施設

「まじわーる宮前」が開所 社会

市民との交流で理解の場に

馬絹交差点に開設された「まじわーる宮前」
馬絹交差点に開設された「まじわーる宮前」
 宮前区障害者福祉拠点施設と宮前地区会館が合築した「まじわーる宮前」が区内馬絹にこのほど完成した。昨年12月26日には開所式が行われ、福田紀彦市長や地元議員など約170人が参加。「障害者と地域住民が”まじわる”相互理解の場」として運営が始まった。

 「まじわーる宮前」は2011年に発表された同地の宮前連絡所の機能再編計画にのっとり、元々あった証明書発行機能と地区会館機能を残しながら、市内初の障害者福祉拠点施設として建設された。主に特別支援学校卒業生を対象とした福祉サービスを提供し、卒業生の行き所不足解決の一躍を担うことが期待される。運営は社会福祉法人みのり会(川島芳茂理事長)。建物は4階建。

 福祉拠点施設は2〜4階で、通所の生活介護事業、短期入所事業、日中支援事業が行われる他、行政手続きの補助などを受けられる生活支援センターを併設。1階には利用者らが生産活動を行うベーカリーカフェも設置され、一般市民も利用できる。同施設の生活介護「あーる工房」の大坪明日香所長は「利用者と地域の人が相互交流できる施設になれば」と期待を寄せる。

 1階の地区会館には会議室や和室、多目的室などがあり、市民活動などに利用できる。地区会館再建検討委員会の田邉英夫会頭は「待ちに待った開所、多くの方に利用してもらいたい」と話す。地区会館の詳しい利用方法等については【電話】044・866・6360。

宮前区版のトップニュース最新6件

石川氏 五輪選手育成へ

ブレイクダンススクール主宰

石川氏 五輪選手育成へ

5月19日号

「市民救命士」講習が有料化

川崎市消防局

「市民救命士」講習が有料化

5月19日号

障害者見守る環境づくり

社会福祉法人みのり会

障害者見守る環境づくり

5月12日号

市内の看護職不足が深刻

20周年で記念企画展

かわさきマイスター事業

20周年で記念企画展

5月5日号

橘樹官衙遺跡群の活用検討

川崎市

橘樹官衙遺跡群の活用検討

5月5日号

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/