宮前区版 掲載号:2017年1月1日号

宮前ガバナンス元日特別号市政報告

川崎市議会大規模災害対応指針を策定

〜市議会災害対策会議の設置をルール化、迅速な災害対応へ〜川崎市議会議員(議長)石田やすひろ

健康福祉委員会で、「そよかぜ2号」を視察しました。離陸してから約9分で宮前区上空に到達します。
健康福祉委員会で、「そよかぜ2号」を視察しました。離陸してから約9分で宮前区上空に到達します。
 平成23年3月の東日本大震災、昨年4月14日に発生した熊本地震などの大規模地震災害をはじめ、近年、各地で大規模な自然災害が発生しています。

 川崎市が位置する南関東地域においては、マグニチュード7クラスの大地震が発生する切迫性が指摘されています。

 どのような組織にあっても、大規模災害に対する備えは重要であります。

災害時独自の対策会議期待されるのは市議の「地域力」

 現在、自治体においては、災害対策基本法に基づいて地域防災計画を策定し、災害の予防、初動対策、応急対策、復旧復興などを総合的、計画的かつ有効的に実施することとされています。行政の災害対応のルールは整っています。

 しかし、川崎市議会の災害時の対応等については、特段の取り決めはありませんでした。東日本大震災の際も、議員は独自の働きをして地震災害に対応していました。

 そこで、大規模災害が発生した際の議会と議員の基本的な対応をまとめた「川崎市議会大規模災害対応指針」を策定しました。すでに昨年11月17日に施行しています。

 この指針では、発災後、条件が整えば議長の判断で市役所内に8人の議員で構成する「災害対策会議」を設置します。市が設置する「災害対策本部」と情報の共有や連携を取ることで、迅速に災害復旧や復興に寄与します。

 地域から選出される市議会議員は、地域の事をよく知り、人的ネットワークを持ち、情報を集めやすい立場にいます。地域情報を災害対策会議で集約し、迅速な復旧対応につなげたい考えです。自然災害はいつ起こってもおかしくない状況です。今後はこの指針に基づいて、市議会としての訓練の実施や、議場内のヘルメット・備蓄の配置も予定しています。

川崎市議会議員 石田やすひろ

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6件

高校野球神奈川2校化、全てのスポーツ競技、選手を応援!

「子どもファーストの社会へ」

ママにとって子育てしやすい環境を!

「子どもファーストの社会へ」

9月22日号

食事で健康管理を!

宮前ガバナンス9月号 連載寄稿

食事で健康管理を!

9月15日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!確認しよう!市民防災農地と避難所

スポーツ「競技」と「施設」は一体!

『せいじのみかた』VOL.‌83

スポーツ「競技」と「施設」は一体!

8月25日号

風水害から身を守る!

宮前ガバナンス8月号 連載寄稿

風水害から身を守る!

8月18日号

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク