宮前区版 掲載号:2017年1月6日号

(PR)

「子どもの矯正、いつから始めれば良いですか?」

顎の成長を考慮し、小学4年からの開始を

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

 「子どもの歯並びが気になる。いつから矯正を始めればいいのか」――。そんな悩みを抱える保護者も多い。『宮崎台やすい矯正歯科クリニック』の安井正紀院長に小児矯正において同院が大切にしているポイントを聞いた。

 「当院では来院した方に対して必ずしもすぐに矯正治療を施すということはしません。歯並びの状態や顎の成長を考えてじっくり検討、相談しながら開始時期を検討していきます」と話す。

 同院では、まず始めに矯正治療のゴールを設定。そこから逆算して開始時期を決定する。小児矯正においては6歳臼歯までの永久歯を並べ終えるところにゴールを設定するという。

 その時点では永久歯は生えそろっておらず、12歳臼歯が生えた時点で永久歯列が完成する。永久歯が生えそろうのを待ってから治療を開始すると、顎の成長を利用しながら治療することができない。そのため、「顎の成長が見込める小学4年生からスタートさせ、中学1年の夏頃までに6歳臼歯までの永久歯を並べることが小児矯正の役割であると考えています」と安井院長。

 気になっている人はまずは矯正医に相談を。

田園都市線 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

川崎市宮前区宮崎2の12の1 宮崎台プラザ105

TEL:0120-8772-90

http://www.yasui-kyousei.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

ゲストサロンがいよいよグランドオープン

「ブリリア鷺沼一丁目」 インタビュー

ゲストサロンがいよいよグランドオープン

4月28日号

初心者歓迎、心通う「フラダンス教室」

親子、3世代で楽しめる人気の地域貢献イベント 参加無料参加者募集

初心者歓迎、心通う「フラダンス教室」

4月28日号

GWはアウディ東名川崎へ

新型A5もショールームに登場

GWはアウディ東名川崎へ

4月28日号

「ローズフェア」開催

「頼れる地元のかかりつけ医として」

花粉症から睡眠時無呼吸症候群・聴覚外来など幅広く対応

「頼れる地元のかかりつけ医として」

4月21日号

牧場主も大絶賛―。

新生活応援祭

牧場主も大絶賛―。

4月21日号

川崎市からお知らせ

臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象の可能性のある方に申請書を発送しました

http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000084447.html

<PR>

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月28日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/