宮前区版 掲載号:2017年2月10日号

連載市政報告

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!怒!!断じて許せぬ不法使用と行政対応!

川崎市議会議員 浅野文直

 2月2日のまちづくり委員会に公園予定地の取扱いについての報告がありました。不法使用者とこれまでの行政対応は断じて許せません。

経緯◎市は昭和46年、川崎区塩浜3丁目の公園予定地を産廃業者に置場として使用を許可。56年に不許可とし、堆積物の撤去を求めるが応じないため提訴。60年に勝訴するも撤去せず、平成16年まで営業を続ける。平成21年に被告死亡。強制執行の費用は一部しか認められず(堆積物の搬入者が特定出来ないとの裁判所の判断)。



今後◎川崎市が税金を12億円弱投入して整備する旨の報告。

視点●そもそも何故に使用許可を出したのか。●撤去に応じない時点で強制執行できなかったか。●違法占有を認めて産廃業者の許可を出していたのか。●許可の無いまま業を営んでいたのか。●市は土地所有者として管理を果たしたのか。●長期間にわたり見過ごしてきた行政責任は。●裁判をはじめ一緒に取組んだ弁護士の対応と費用をいくら支払ったか。・・・など追及すべき点が多々あります。 委員会での浅野の質疑に対して当局は、「破産で逃がさず、かつ最善の対応をしてきた」として答弁しましたが、到底納得出来るものではありません。代表質問、予算審査特別委員会において追及し詳細を明らかにします。こんな事に税金を投入するなど不埒千万。外国籍だという被告のみならず、行政の責任は看過できない。市民の視点で厳しく追及していきます。
 

浅野文直川崎市議

川崎市宮前区有馬6-6-7

TEL:044-860-2370

http://www.2370.net/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6件

宮前区におけるガバナンス(協治)論

宮前ガバナンス3月号 連載寄稿

宮前区におけるガバナンス(協治)論

3月17日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!30年後を見据えた予算編成が必要!

子どもを産み、育てることを安心して行えるまちづくりに向けて

〜新年度予算からみる子育て施策〜 市政報告Vol.9

子どもを産み、育てることを安心して行えるまちづくりに向けて

2月24日号

『せいじのみかた』VOL.‌77神奈川県平成29年度予算案880億円不足のカラクリ

4月より、小児医療費助成制度が対象年齢拡大へ

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿

4月より、小児医療費助成制度が対象年齢拡大へ

2月17日号

ハッキリ言わせてもらう!オスプレイ事故は「不時着」ではなく「墜落」

『せいじのみかた』VOL.‌76 企画・制作/県進会

ハッキリ言わせてもらう!オスプレイ事故は「不時着」ではなく「墜落」

1月27日号

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/