宮前区版 掲載号:2017年2月17日号

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿

4月より、小児医療費助成制度が対象年齢拡大へ

〜安心して子育て出来る環境を目指して〜川崎市議会議長 石田やすひろ

 子どもの健全な育成と小児の健康を守る目的で市の「小児医療費助成事業」があります。この制度は、子どもが病気になり医療機関にかかった際の医療費の一部を、市が助成し保護者の負担を軽減する制度です。

 審議中の平成29年度予算案の関連では45億9700万円余が計上されています。前年度に比較して5億2000万円余の増額となっています。予算案の対象増加分は、年齢枠の拡大等によるものです。これまでの通院費の対象年齢は小学校3年生までであったものを、平成29年4月から、小学校6年生まで拡大します。

 新規に対象となる小学校4年生から6年生までは、入院及び調剤は医療費の自己負担分の全額助成。通院費については、1回あたり500円を超えた範囲で助成を行うことになります。所得制限はありますが、窓口負担が軽減されます。

 医療費助成が拡大されることは、喜ばしいことですが、この制度には課題があります。神奈川県の補助事業となっており、県からの補助の上で制度が成り立っています。しかし、一般市と政令市とでは、県からの補助率に差があり、結果的に対象年齢や助成額に格差が出ています。同じ県税を負担している市民としては、理解し難いことです。これを受けて川崎市議会では、地域格差の解消を求め、神奈川県知事宛てに「小児医療費助成事業の県費補助の改善を求める意見書」を提出しています。

 引き続き、子育て支援策の強化を進め、安心して子育てができる環境の整備に努めてまいります。  

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹595-1

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

宮前区版の意見広告・議会報告最新6件

都市農業を守る!

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

都市農業を守る!

4月21日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!怒!断じて許せぬ不法使用と行政対応II

大規模災害の教訓を生かした「受援計画」の早期策定を

元気に100歳時代!教職員人件費「ねじれ」解消!

『せいじのみかた』VOL.‌78 企画・制作/県進会

元気に100歳時代!教職員人件費「ねじれ」解消!

3月24日号

宮前区におけるガバナンス(協治)論

宮前ガバナンス3月号 連載寄稿

宮前区におけるガバナンス(協治)論

3月17日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!30年後を見据えた予算編成が必要!

川崎市からお知らせ

臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象の可能性のある方に申請書を発送しました

http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000084447.html

<PR>

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月28日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/