宮前区版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

日本薬物対策協会小倉氏 ドラッグの怖さ訴える 百合丘小で講演

社会

小倉氏の講演に聞き入る児童たち
小倉氏の講演に聞き入る児童たち
 日本薬物対策協会講師で、区内でスイミングクラブを経営している小倉謙氏は2月20日、麻生区の市立百合丘小学校(小澤洋一校長)で薬物乱用防止を訴える講演を行った。

 当日は同小6年生およそ90人が聴講。小倉氏は覚せい剤、大麻、危険ドラッグが体と心に及ぼす害を、実例を交えて紹介。「人は幸せになるべき。でも薬物によって幸せになった人はいない」などと熱く語った。

 小澤校長は今講演に関して「トラブルに巻き込まれないためにも、小学生のころから学ぶべき内容だと改めて思った」などと話した。

 日本薬物対策協会は米国カリフォルニア州の公益法人「薬物のない世界のための財団」の日本支部。市民や団体、行政機関などに薬物の有害性に関する教育・啓発を行っている。

宮前区版のローカルニュース最新6件

絵画・書道作品が千点超

クラブ運営権 DeNAへ

バスケB1サンダース

クラブ運営権 DeNAへ

12月15日号

馬絹ファイターズがV

書道、絵画力作がズラリ

「この景色が見たかった」

フロンターレ

「この景色が見たかった」

12月15日号

中東、紛争の現状を知る

写真展

中東、紛争の現状を知る

12月15日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「楽しく知ろう」子どもの権利

宮前市民館

「楽しく知ろう」子どもの権利

12月16日 親子イベント

12月16日~12月16日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク