宮前区版 掲載号:2017年3月17日号

地域包括ケアシステム

「宮前モデル」を川崎へ 社会

2大学の学長が決意語る

聖マリアンナ医科大の三宅学長(右)と田園調布学園大の櫻本学長
聖マリアンナ医科大の三宅学長(右)と田園調布学園大の櫻本学長

 地域包括ケアシステム推進に向けた宮前区民シンポジウムが11日、宮前市民館で開かれた。宮前区、聖マリアンナ医科大学、田園調布学園大学の3者は昨年7月に協定を結び、医療・福祉に関する住民意識調査を実施。その調査結果の報告、両大学の学長からは宮前区の地域包括ケアシステム推進に臨む決意も語られた。

 地域包括ケアシステムは、全ての住民が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、自助・互助を促し、共助・公助に取り組む仕組み。川崎市では子どもから高齢者まで全ての世代が支え合うシステムをめざし、各区でシステム構築に向けて取り組んでいる。

 住民への意識調査は、聖マリアンナ医科大学が地域医療、田園調布学園大学が福祉に関する調査を担当。調査対象者数は医療が61人、福祉が78人。今年4月以降に実施する無作為抽出の本格的なアンケート調査の事前調査に位置づけられているという。

 調査結果から医療では「救急医療が課題」、福祉では「互助の部分でお手伝いを受けやすい、お手伝いしやすい仕組みづくりが必要」などと宮前区が取り組む方向が示された。

 意識調査の結果報告を終えた質疑応答では、参加者から「今回の調査結果をどう活かすのか。その志を両学長から聞きたい」との質問があがり、2人の学長が応答する一幕もあった。

 聖マリアンナ医科大学の三宅良彦学長は「医師会も国も対応が遅れている。何をすべきか考える必要がある。皆さんも考えなければならない。ご意見を伺いながら改善しなければならない」、田園調布学園大学の櫻本光学長は「地域包括ケアシステムはこの地域だけのものではない。『宮前モデルを川崎全体に広げていきたい』。これが私たちの志」とそれぞれ宮前区の地域包括ケアシステムに取り組む姿勢を語った。
 

宮前区版のトップニュース最新6件

区内最古の園舎にお別れ

宮前幼稚園

区内最古の園舎にお別れ

4月21日号

市、防災啓発強化へ

熊本地震1年

市、防災啓発強化へ

4月21日号

区内初のこども食堂誕生

「0回表に全力を注ぐ」

有馬中学校野球部

「0回表に全力を注ぐ」

4月14日号

福田市長、再選出馬を表明

都市農業に新たな価値を

JAセレサ川崎20周年

都市農業に新たな価値を

4月7日号

川崎市からお知らせ

臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象の可能性のある方に申請書を発送しました

http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000084447.html

<PR>

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月28日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/