宮前区版 掲載号:2017年4月7日号

福田市長、再選出馬を表明 政治

「課題にチャレンジしたい」

会見で出馬への思いなどを語る福田氏
会見で出馬への思いなどを語る福田氏
 福田紀彦市長(44)は先月30日、任期満了に伴い今年11月に実施される川崎市長選挙に出馬することを表明した。福田氏は「山積する課題に正面から取り組みたい」と意欲を示す。同市長選への出馬表明は福田氏が初めて。

 福田市長は、先月30日に市役所で記者会見を開き、今秋の川崎市長選挙に再選を目指して出馬する意向を示した。この時期の表明については、「(3月の市議会定例会で)2017年度予算が議決されたこと、それに取り組むための組織・体制についても目途がついたことから、このタイミングとなった」とした。

 福田氏は「私が目指す『最幸のまちかわさき』に向けて、課題は山積している。『川崎らしさとはチャレンジし続ける精神』だと思っており、私自身もチャレンジスピリットをもって課題に正面から取り組んでいきたい」と決意を表した。1期目のここまでの評価については、「政策的にはマニフェストについても概ね成果が出ていると感じている」とした。

 2期目に取り組みたい政策については、「新たなマニフェストを作り示したい」とし、「臨海部の変革が最重要課題に挙げられると思う。それ以外にも防災力向上、地域包括ケア、パラムーブメントあたりに注力していきたい」と話した。

 記者からの現時点で失敗したと思っている施策はあるかの問いには、「失敗とは少し違うが中学生が死亡した事件については反省し2度と起きないようにしていかないといけないと思っている」と答えた。

 また自身が市議会に提出し否決された特別秘書の件については、「重要性は変わっていないので、理解を得られるよう努力していく」とした。

 前回選挙では政党や団体からの推薦等を受けずに出馬。「今回もその姿勢は変えない」としつつ、話があった場合は「考え方など話を聞きながら」との回答に留めた。

 福田氏は、松沢成文前県知事の衆議院議員時代の公設秘書、県議を務めた。市長選には09年に初挑戦し落選。前回13年の市長選に政党推薦を受けずに出馬し、自民・民主(当時)・公明の3党推薦の候補者と共産党推薦の候補者を破り初当選した。

関連記事powered by weblio


宮前区版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/