宮前区版 掲載号:2017年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

女子ソフトU-16

松本さん(野川中)日本代表に スポーツ

東京五輪出場を目指す

代表入りを果たした松本琴和さん
代表入りを果たした松本琴和さん
 市立野川中学校(堀川芳夫校長)の松本琴和さん(3年)が女子ソフトボールU-16日本代表選手に選ばれた。7月10日から16日にかけて開催されるカナダカップショーケースゴールドトーナメントに投手として出場する。

 松本さんは野川中女子ソフトボール部に所属し、エースとして90キロを超える速球を武器に活躍している。4月末から5月にかけて開催された市春季リーグでは同校を優勝に導いた。

 代表入りは、U-14に続いて2度目。4月に行われた選考会を突破し、U-16日本代表の座を手にした。「前回は緊張で自分のプレーができなかった。U-16では経験を生かしてチームのために頑張りたい」と意気込みを語る。

 松本さんがソフトボールを始めたのは小学3年生の時。友人に誘われて地元チーム「野川ポピーズ」に入った。卒業後は野川中ソフトボール部に入部。代表選手のほとんどがクラブチームに所属する中、松本さんは部活に所属して練習を積んできた。

 転機は2年ほど前。自主練習でバッティングセンターを訪れていた際、名門ソフトチームでコーチをしていた石田佳久さんに声をかけられた。石田さんは「隣の投球スペースから聞こえてきたキャッチングの音に、中学生がこんな速球を投げるのかと驚いた」と話す。その後は部活に加えて、週3回ほど指導を受けている。松本さんは「この出会いがなければ代表入りはなかった」と振り返る。現在は、投球の幅を広げようと変化球も特訓中だ。松本さんは「代表チームでもまれながら、自分の持ち味の速球はもちろん、コントロールをもっと磨いていきたい」と話す。

 2008年の北京五輪を最後に正式種目から外されていたソフトボール。20年の東京五輪で正式種目となった今、3年後を見据え代表でのプレーに全力を注ぐ。

関連記事powered by weblio


宮前区版のトップニュース最新6件

食育推進に987万円

川崎市補正予算

食育推進に987万円

10月20日号

交通事故 前年100件超え

宮前区内

交通事故 前年100件超え

10月20日号

セレサモスに「キティちゃん」

JAセレサ川崎

セレサモスに「キティちゃん」

10月13日号

全8団で定員割れ

川崎市内消防団

全8団で定員割れ

10月13日号

前職、元職の一騎打ちか

衆院選18区

前職、元職の一騎打ちか

10月6日号

2日間で7千人超

バスケB1サンダース

2日間で7千人超

10月6日号

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク