宮前区版 掲載号:2017年9月8日号

7月10日付けで川崎北税務署長に就任した

藤原 忠文さん

高津区在勤 59歳

納税者目線で利便性向上を

 ○…高津区、中原区、宮前区を管轄とする川崎北税務署の署長に就任した。確定申告の提出件数12万件超、2016年の申告期には来署した納税者数が東京国税局84署のなかで最も多かったという同署の舵取りを担うにあたり、「来年の確定申告期には長い時間お待たせすることのないよう、自宅等からICTを利用して申告手続きができることの周知・広報を積極的に取り組んでいきたい」と改善意識の高さをうかがわせる。

 ○…秋田県大館市出身。高校卒業後に地元の会社に就職したが、将来的な安定を求めて公務員を志望するようになり、正義感の強さから「適正・公平な社会をつくる仕事に携わりたい」と税務職員採用試験に挑戦。仙台国税局で採用され、すぐに東京国税局に出向となり、今年で41年目。相続税を中心とする資産課税事務に長く従事してきた。

 ○…思い出深い仕事について尋ねたところ「これは失敗談だけど」と話してくれたのは、ある藩主の末裔の相続税調査でのこと。先祖代々伝わる書画骨董品の確認調査に使い捨てカメラで撮影していたら、相続人から「由緒ある先祖代々の掛け軸をそんなカメラで撮るなんて」と憤慨された。「当時の私の行動は納税者目線からほど遠く、心情を無視した対応だったと今も教訓として心に残っている」としみじみ語る。

 ○…「つい先日も女子プロゴルフツアーの観戦で茨城県まで行ってきてね」と語るほどスポーツ観戦が趣味。出身の大館市は忠犬ハチ公の生誕地。秋田犬の忠誠心が厚く、家族に愛情深いという性格になぞらえ、「私も秋田犬に負けぬよう、署長就任にあたり更に信頼される税務行政を行っていきたい」と気持ちを新たにする。今年度の最重要課題に「マイナンバー制度の定着」と「e-taxの更なる利用拡大」を挙げ、「署全体で納税者目線の仕事を心掛け、更なる納税者サービスの向上を図っていきたい」と力強く語った。

関連記事powered by weblio


宮前区版の人物風土記最新6件

梅津 潤さん

オオタカの生態記録写真集「里山オオタカ物語」をまとめた

梅津 潤さん

9月22日号

STEEZ(スティーズ)さん(本名 津雲 勇太)

世界最高峰のブレイクダンス・バトル『Red Bull BC One』の日本代表に決定した

STEEZ(スティーズ)さん(本名 津雲 勇太)

9月1日号

湯川 孝則さん

国際ロータリー第2590地区の今年度ガバナーを務める

湯川 孝則さん

8月25日号

伊藤 修さん

市民館「夏休み子どもあそびランド」でゲームの館を運営している

伊藤 修さん

8月18日号

竹山 裕之さん

現場で指揮をとる花火師として、多摩川花火大会の演出を手がける

竹山 裕之さん

8月11日号

菅原 一夫さん

鷺沼ロータリークラブの第40代会長に先月就任した

菅原 一夫さん

8月4日号

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク