宮前区版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

教科書問題

テープ公開の是非争う 社会

市民団体が裁判報告会

原告の北谷さん(右)と木村さん
原告の北谷さん(右)と木村さん
 川崎市教育委員会が日本史教科書選定の際の議事録を市民の要請に反して公開しなかった問題で、「教科書を考える川崎市民の会」は9月15日、市を相手にした裁判の経過報告会を開いた。当日は原告や弁護士などが情報開示や教科書選定における問題点を話した。

 問題は2014年に市教委が現場教員から要請された実教出版の高校日本史の教科書を却下したことに始まる。これを疑問視した木村雅子さんと北谷瑞江さんは教科書の選定過程を知るべく市教委に教科書選定時の記録テープの開示を要求。しかしテープは誤って廃棄したとして公開されなかった。二人はその後も市教委に問い合わせるが「納得する回答が得られなかった」として、テープ消去の責任追及を目的に昨年12月に横浜地裁へ提訴した。

 報告会で木村さんは記録テープが開示請求の後に廃棄されたことに言及。「裁判は面倒だけれども責任の所在を明らかにするために戦っていく」と責任追及の構えを見せた。また北谷さんは「信頼していた市教委の情報公開がここまでひどいとは。今回の裁判で立ち直ってほしい」と語った。

 裁判ではこれまで記録テープが公開原則の公文書であるかが争われていたが、今後は公開の是非が争われる見込み。原告側の畑谷嘉宏弁護士は「教科書が市教委の判断だけで決まるのはおかしい。選定過程を公開しないのは何か不都合があるからでは」と話した。

関連記事powered by weblio


宮前区版のローカルニュース最新6件

宮前区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク