宮前区版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

フロンターレ選手 先生に 白幡台小で実践授業

教育

計算中の児童を覗き込む板倉選手
計算中の児童を覗き込む板倉選手
 サッカーJ1リーグ川崎フロンターレに所属する、家長昭博選手と板倉滉選手が先月21日、白幡台小学校で「ゲストティーチャー実践学習」を行った。

 同クラブは、2009年度から『川崎フロンターレ算数ドリル』を作成し、市内公立小学校6年生全児童に配布、使用されている。併せて年1回市内の学校を選手が訪れ、ドリル内の問題をグランドで実践、証明する授業を行っている。

 今回は、ボールを蹴ってスピードを計測。時速・分速・秒速などを計算し、動物の走るスピードと比べる問題や、選手と児童が走り、選手と同時にゴールするには各自何m前からスタートすればいいかを計算し確かめる問題にチャレンジした。 計算に悪戦苦闘する児童に選手らがアドバイス。楽しく集中した授業となった。

宮前区版のローカルニュース最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「楽しく知ろう」子どもの権利

宮前市民館

「楽しく知ろう」子どもの権利

12月16日 親子イベント

12月16日~12月16日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク