木下グループ川崎に卓球 新拠点水谷、張本らトップ選手集う

スポーツ

掲載号:2017年8月18日号

  • googleplus
  • LINE
卓球部メンバー(右・張本選手、中央・水谷選手)
卓球部メンバー(右・張本選手、中央・水谷選手)

 住宅や介護事業などを展開する企業を傘下に持つ木下グループ(本社・東京都新宿区、木下直哉CEO)がこのほど卓球部を創設し、川崎市内に専用の練習場を新設。リオ五輪個人銅メダルの水谷隼選手(28)ら、所属するトップ選手の国内練習拠点が川崎に誕生した。

 木下グループは東京五輪を見据え、競技普及をめざし今年3月に水谷選手と所属契約を締結。その後も17年ワールドツアー中国オープンで個人3位、ダブルス準優勝の活躍を見せた張本智和(14)、17年アジア選手権個人優勝の平野美宇(17)ら複数の若手選手と所属、スポンサー契約を結び、今回の創部に至った。

 拠点となる練習場は首都圏の立地を検討し、川崎区にあった「木下の介護」の介護施設を選定。建物を一部改修して完成した練習場は総面積約950平方メートル、施設内には卓球場の他、酸素カプセルを備えたトレーニングルームやマッサージルームなども揃う。

 卓球場には水谷選手の意向を反映し、オリンピックや世界選手権などで使用されている卓球台が4種用意され、フロアマットも国際試合で使用されているものを採用。7月末に公開された練習場で行われた会見に出席した水谷選手は「世界で優勝するための練習環境を考えてアドバイスさせてもらった。4種の卓球台がコート一つひとつフェンスで仕切られている練習場は世界でも初めてだと思う。今後はこの練習場が日本の活動拠点となる」と話した。

今後も卓球競技を支援

 今後は地域貢献イベントなどの取り組みも検討しているという同グループ。関係者は「卓球競技の普及とレベルアップに寄与することで感動を与えていきたい。この施設で練習を重ねた選手が東京五輪などで日本に多くのメダルをもたらしてくれるよう支援を続けていきたい」と話している。

国際大会基準を満たす照度も確保した練習場
国際大会基準を満たす照度も確保した練習場
  • googleplus
  • LINE

宮前区版のトップニュース最新3件