市動物愛護センター新施設 犬猫収容2倍に10月中旬着工、移転へ

社会

掲載号:2017年9月15日号

  • googleplus
  • LINE
移転後の完成イメージ
移転後の完成イメージ

 高津区蟹ヶ谷から中原区平間に移転する川崎市動物愛護センターの再整備を、市が10月中旬から開始する。9月議会の審議を経て着工の見込み。新施設は来年12月に完成し、再来年2月から使用できる見通しだ。

 今回の移転は、施設の老朽化と保護する動物が増え手狭になったことが主な理由。センターでは犬と猫を保護、管理しているが、現状のスペースに収まりきらず、廊下や会議室などを使う状況が続いている。

 同センターは、動物の保護収容、譲渡をはじめ、動物の愛護教室、情報提供などを行い、人と動物が共存する社会の実現を目指す交流施設として1974年に開設している。

 新しい建物はJR平間駅、鹿島田駅から徒歩12〜13分程度。敷地面積は約2500平方メートル、延床面積は約2300平方メートル、地上3階建てになる。動物の管理スペースがおよそ倍に広がり、収容数も増える見込み。防塵、脱臭フィルター、防音素材などを使った設計で利用者や周辺環境にも配慮する。市の担当者は「駅からの利便性も良く、設備についても現状より環境が格段に良くなる」と話す。

交流スペース拡大「命学ぶ拠点に」

 センターの移転で充実するのが、市民交流エリア。現状の施設には会議室が1室だけだったが、新しい建物には各フロアに研修室、適正飼養啓発室、学習コーナーなどが設けられ、市民同士が交流できる場が増える。センターの業務補助や動物愛護の普及、啓発活動をする市民団体「かわさき犬・ねこボランティア」の森茂樹さんは「施設の充実でボランティアも活動しやすくなる。命を学び、教育に生かせる拠点になれば」と期待を込める。

 環境省の統計データによると、1989年以前は全国で年間100万頭以上の犬猫が殺処分されていたが、近年は減少傾向にある。川崎市でも2013年度〜16年度までの殺処分は犬がゼロ、猫も54頭から4頭と減少している。しかし、森さんは「殺さず生かせばいいというわけでなく、命を安易に扱うケースが問題で、しっかりとした命の教育が必要。施設の充実をきっかけに、より啓発が広がっていけば」と話す。

  • googleplus
  • LINE

宮前区版のトップニュース最新3件