高津区版 掲載号:2013年5月31日号

高津から世界に発信 経済

新しいネット検索「レトロ」

開発者の小林社長(左)と同社メンバー
開発者の小林社長(左)と同社メンバー
 高津区坂戸のかながわサイエンスパーク(KSP)に本社を構える地元のIT企業、株式会社ピコ・ラボ(小林一広代表取締役社長)。同社が開発した日本初のインターネット検索エンジン「RHETOLO(レトロ)」を活用した大手出版社のフリーペーパーや行政のサービスが5月にリリースされた。「レトロ」の活躍の場は国内だけでなく、世界にも広がりをみせようとしている。

 「レトロ」とは、ウェブサイトの長いURLを入力することなく、数字に置き換えて検索できる、モバイルデバイス(スマートフォン、タブレット端末など)に適した情報伝達ツール。小林社長が開発し、2011年3月に公開した。

 小林社長は「検索といえばグーグル、媒体等からはQRコードが主流。この検索の在り方を日本から変えたい」と話す。

 一般的なキーワード検索では、関連した情報が膨大に表示され、相手に届けたい情報を伝えるのは困難。QRコードは、カメラで撮る手間などの課題もある。一方、「レトロ」は伝えたい情報(サイト)を数字・英字で番号化することで、子どもから高齢者、国内外を問わず、簡単な検索を可能に。相手に「伝えたい情報を届ける」ことができる。「イメージしやすいのは下駄箱の番号札。靴を探すときに、黒い靴で探すと膨大な数になるが、番号で管理してあると見つけやすい」と小林社長は説明する。

 レトロは昨年12月に「かわさき起業家賞」「日本起業家協会賞」を受賞。5月2日には、レトロを基盤にした札幌市の円山動物園の公式アプリを公開、10日に発行された徳間書店のフリーペーパー『アキメージュ』でもレトロが採用された。

 高津から世界へ―。アプリは自動翻訳で5カ国語に対応し、韓国で公式サイトがオープンするなど、世界に広がりをみせている。様々な可能性を秘めるレトロ。世界進出へ向けて、様々な企画も進行中だ。

高津区版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一六回

    高津物語

    「二子亀屋」

    10月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇一五回

    高津物語

    「日本橋丸善」

    10月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク