高津区版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

地域と共に60年、医療を通じ社会貢献

総合高津中央病院 新春特別インタビュー

 1956年の創設以来、地域と共に歩み、中核病院としてその役割を担ってきた総合高津中央病院。新春を迎えるにあたり、昨年12月に設立60年の節目を迎えた同病院の小林進病院長に話を聞いた。

 ―明けましておめでとうございます。昨年はどのような1年でしたか?

 小林院長―明けましておめでとうございます。昨年は設立60周年を迎えた記念すべき年でした。当院には「医療を通じて地域社会に貢献します」という理念があります。これは創立者で、初代理事長、病院長の加藤守正氏が掲げた言葉。この理念にそって、病院運営を行っていくことを改めて決意したところです。

電子カルテ導入

 ―理念は初代院長が掲げたものだったのですね。

 小林院長―はい。そして昨年3月には電子カルテを導入いたしました。導入当初は皆様にご迷惑をおかけいたしましたが、外来診療、入院診療で効率的、安全な診療を行えるようになりました。その大きな特長としてあげられるのは、医師、看護師など治療に携わる職員が患者さんの情報をタイムリーに共有できることです。これまで以上に正確な診断、的確な治療法の選択ができる環境が整い、診療の質の向上につながっています。電子カルテの導入にあわせて、腫瘍マーカー等の血液検査を院内で施行。検査当日に検査結果を説明できるようになりました。

医療環境充実へ

 ―それは患者さんにとってメリットが大きいですね。

 小林院長―その通りです。神奈川県の災害協力病院の指定を受け、災害医療にも取り組んでいきます。また小児医療、周産期医療、高齢者向けの質の高いリハビリテーションの充実、退院支援等の取り組みも忘れてはいけません。患者さんが安心・納得して退院し、早期に住み慣れた地域で療養、生活するための取り組みを推進していく所存です。今後も医療を通じて地域社会に貢献いたします。

総合高津中央病院

川崎市高津区溝口1-16-7

TEL:044-822-6121

http://www.takatsuhosp.or.jp/

高津区版のピックアップ(PR)最新6件

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

どうする!?親の通い介護

どうする!?親の通い介護

11月10日 区役所で講演会

11月10日~11月10日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一七回

    高津物語

    「二子玉川音頭」

    10月20日号

  • 高津物語

    連載第一〇一六回

    高津物語

    「二子亀屋」

    10月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク