高津区版 掲載号:2017年1月1日号

國學院 5年ぶりシード奪還へ スポーツ

箱根駅伝、あす号砲

壮行会で激励を受ける選手たち
壮行会で激励を受ける選手たち

 國學院大學が、あす1月2日、3日に行われる第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に出場する。陸上競技部の合宿所が区内大山街道沿いにあり、地元からの応援熱も高まっている。前回大会は出場がかなわなかったが、今大会の予選会は8位通過。陸上競技部の前田康弘監督は「2年分の思いが詰まっている。練習の成果を出し切り、シード権を獲得することが最大の目標」と話した。

「己を変え、チームを変えろ」 

 前回大会の予選会では13位でまさかの敗退。連続出場も5回で途切れた。「正直落ちるとは思っていなかった。どこかに心の慢心があったのかもしれない」と前田監督。その悔しさを胸に臨んだ昨年10月の予選会は、8位で通過。その後に行われた11月の第48回全日本大学駅伝では、9位と好成績をおさめた。前田監督は、「結果を出し、確実にチームの士気もあがっている。充分にシード権争いに加われるチームだと思う。あとは万全な状態で本番を迎えるだけだ」と意気込む。

 「『己を変え、チームを変えろ』というテーマを設定し、明確な目標を学生らが主体的に話し合うようにしてきた」という。目標を各自が細分化して他のメンバーにも共有した蜂須賀源主将(4年)は、「自信を持って強いと思える。1人ひとりがチームを作っているという意識があり、全員で結果に向けて頑張れるチームだ」と話す。

 前回大会の予選会は、けがのため出場できなかった蜂須賀主将。「負けた瞬間は本当に悔しかった。4年生は、シード権を獲得する瞬間をまだ味わったことがない。最後の箱根は、その瞬間を全員で味わって笑顔で終わりたい」と決意を語った。自分が見本となるように意識をしてメンバーにも厳しい言葉をかけられるようにしてきたという。前田監督も「副主将の細森も蜂須賀と切磋琢磨しながら成長をしてきた。チームを引っ張ってきてくれた」と話す。「今まで先輩方が作ってきた國學院の歴史を『シード権獲得』という形で後輩へ手渡したい」と蜂須賀主将。明日、全員で箱根駅伝へ挑戦する。

学長から襷を受け取る蜂須賀主将
学長から襷を受け取る蜂須賀主将

関連記事powered by weblio


高津区版のトップニュース最新6件

任せて安心セレモニアグループ

市内7区に9施設、信頼の葬儀でシェアNO.1

http://www.ceremonia.co.jp/sousai/index.php

「バンバンなら私もいける!」

本店・ブラッサム・ポラリス・向ヶ丘店―バンバングループに新台一挙23機種登場

http://www.prime777.co.jp/

川崎ブレイブサンダース

ホーム戦をお得に楽しめるシーズンシート・パッケージチケット販売中!詳細はHP

https://kawasaki-bravethunders.com/

<PR>

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「アートの様」、国境越えた書を披露

書家・島崎さん

「アートの様」、国境越えた書を披露

上野の森美術館で個展

8月29日~9月4日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇〇八回

    高津物語

    「二子大貫病院開設」

    8月18日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/