高津区版 掲載号:2017年3月10日号

このほど保存が決まった「かすみ提」を保存する会代表を務める

久郷 則男さん

久地在住 72歳

地域の意志貫いた10年間

 ○…「住民の10年間にわたる活動が実って本当によかった。『かすみ提』は地域住民にとって大切な憩いの場。これから有意義な利活用を行政と一緒に考えていきたい」。悲願だった「かすみ提」の保全が決まり、喜びと安堵の表情を見せ、「これまで歴代の町会長や皆さんのおかげで会を運営できた。頼りない代表だったけれど、少しは地域に貢献できたかな」と語る。

 ○…久地第二町会が「かすみ提」を保存する会を設立したのは2012年11月。それまで同地保全を目的に町会内に07年から設置されていた「かすみ提推進委員会」の委員として国交省や行政と交渉してきた経緯から、同会設立時から代表を務めてきた。「何としても保全したい」という強い気持ちで日々仲間と共に地域や企業、保育園などを署名集めに回った。「大変だったけど、地域が一層まとまっていく気運が楽しかった」と振り返る。

 ○…結婚を機に久地に住んで約40年。サラリーマン時代は出張も多く、全国を飛び回っていたこともあり「自分の住んでいる地域のことは妻任せで、何も分からなかった」と笑う。町会に関わるようになったのは定年後。声を掛けられ「よい機会かも」と参加するうちに、地域住民の繋がりや静かな住環境、そして「かすみ提」など改めて知る久地の魅力に惹かれていった。そんな時に「かすみ提」の売却話が持ち上がったものだから「これはまずい」と積極的に活動に参加した。

 ○…2人の娘は独立したが近所に住み、孫が学校帰りに遊びに来る。「毎日面倒見ないといけなくて」と言うが、その表情は好々爺そのもの。若いときには「浴びるように飲んだ」というお酒も最近は健康を考えて控え気味。そして趣味のウォーキングのコースはもちろん「かすみ提」。「特に春の桜は見ものだよ。町会で毎年開く桜まつり、今年は赤飯炊いてお祝いだ」。当人はお酒がなくても楽しい祭りになりそうだ。

関連記事powered by weblio


高津区版の人物風土記最新6件

伊東 隼汰さん

競泳・世界ジュニア選手権100m自由形の派遣選手に選ばれた

伊東 隼汰さん

6月23日号

曽呂 学史さん

このほど作成された「下作延Tシャツ」を発案した

曽呂 学史さん

6月16日号

島田 秀雄さん

今年4月から高津市民館の館長を務める

島田 秀雄さん

6月9日号

中山 純史(じゅんじ)さん

4月に市民ミュージアムの館長に就任した

中山 純史(じゅんじ)さん

6月2日号

元木 貢さん

「生活衛生功労」で旭日双光章を受章した日本ペストコントロール協会元常任理事の

元木 貢さん

5月26日号

小俣 博司さん

東京大学都市情報学の研究員でシンジョーまちなカレッジの学長を務める

小俣 博司さん

5月19日号

関連記事(ベータ版)

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇一回「大山街道の医師達」

    6月23日号

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇〇回「コレラ」

    6月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/