高津区版 掲載号:2017年5月12日号

久地小学校

「生命力を感じた」 社会

多摩川でアユ放流

多摩川にアユを放流する児童たち
多摩川にアユを放流する児童たち
 久地小学校5年生児童は4月28日に川崎河川漁業協同組合高津地区や保護者の協力のもと、多摩川でアユを放流した。

 河川敷に来た児童たちは、同地区長の竹仲密昭さんらの話を聞いた後、アユの稚魚を1匹ずつ受け取った。児童たちはアユをじっくり見つめたり、手で軽く触れたりした後に、川へ放流した。児童の1人、奥山楓加さんは「大きくなって子孫を残せるように頑張ってほしい」と期待を込めた。

 アユの放流を授業の一環で行うのは同校では今回が初めて。この企画を小学校に持ち込んだのは、前PTA副会長の及川正信さん(41)だ。少年時代から慣れ親しんだ多摩川を、今の子どもたちにも知ってもらいたいと企画を練った。「今の子は川に来る経験が少ない。この機会に川ともっと親密になってもらえれば」。

関連記事powered by weblio


薬の調剤、漢方相談のカバヤ薬局

10月29日(日) 漢方・中医学を利用した妊活セミナー開催!

http://www.kabaya-pharmacy.co.jp/kanpo/info/index.html#news113

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一三回

    高津物語

    「岡家歴代記」

    9月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇一二回

    高津物語

    「逢えてよかったね ―小原孝と逢える街―」

    9月15日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク