高津区版 掲載号:2017年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

東扇島東公園 野外フェスで魅力発信 イベント開催地需要高まる

社会

11年から開催されている野外フェス「BAY CAMP」
11年から開催されている野外フェス「BAY CAMP」
 川崎市の臨海部施設が、工業地帯のイメージに加え、8千人の収容が可能な大規模野外イベント開催地という新たな需要を生んでいる。東扇島東公園では今夏、3つの野外音楽フェスティバルの開催を予定している。

 人工海浜を併設する東扇島東公園は2008年にオープンした約15万平方メートルの施設。平常時は潮干狩りなどが楽しめる憩いのスペースになっているほか、土日などは川崎みなと祭りやイルミネーションマラソン、トライアスロンなどの大会も行われている。

 開園後から開催されている野外音楽フェスティバルも賑わいを創出している要素の一つだ。今年も7月1日と2日に行われる「DEAD POP FESTIVAL」は一部当日券が完売になるなど好評。9月には、2011年から同公園で開催している首都圏初の野外オールナイトロックフェス「BAY CAMP」、青森県で開催されてきたロックフェス「夏の魔物」の川崎開催も予定されている。

 市では公園開園前後からイベントの誘致を行ってきたほか、川崎が持つ強みや魅力をアピールする取り組みを支援する「都市ブランド推進事業」にBAY CAMPを選定(16年度)するなど、公園のフェス活用を後押ししてきた。市港湾局川崎港管理センターは「首都圏臨海部に立地している広大な公園であること、開放的な雰囲気が受け入れられているのでは。イベント開催などを通じて、臨海部の魅力や大規模災害時の広域拠点といった役割の理解を深めてもらえる機会を創出していきたい」と話す。

音楽フェスまちづくりに貢献

 DEAD POP〜、BAY CAMPの両フェスに実行委員会として参加する株式会社チッタワークス(川崎区小川町)の木嶋隆さんは「首都圏臨海部には他にもスペースはあるが、工場地帯としての雰囲気はここだけ。出演アーティストからも夜景を望みながらのステージは評判が良い。この場所でのフェスで『音楽のまち・かわさき』にも貢献したい」と話している。

高津区版のトップニュース最新6件

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マンション交流コツ学ぶ

マンション交流コツ学ぶ

12月16日 高津区役所

12月16日~12月16日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二四回 「多摩川大洪水」

    高津物語

    12月8日号

  • 高津物語

    連載第一〇二三回 「渡し場サミット」

    高津物語

    12月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク