高津区版 掲載号:2017年6月16日号

志高く真摯に市政へ 市政リポート㉑

待機児童数ゼロの実態と今後の対策について

川崎市議会議員 さいとう伸志

 平成29年第2回川崎市議会定例会が6月5日から始まりました。私は今年度、市議会の文教委員会で副委員長を務めております。今回は、今議会でも議論されている待機児童の問題についてご説明します。

待機児童0の実態について

 川崎市は5月2日の市長記者会見で、4月1日現在の待機児童数が0人であったと発表しました。

 しかし、この算出には今年3月末に国が見直した「育児休業を切り上げて復職を希望することができた場合は待機児童に含める」という新しい定義は適用されておりません。私は改めて、もしこの新しい定義が今回適用されていたら待機児童数がどう変わっていたかを当局に確認したところ、市からは「育児休業中で待機児童数に含めていない331人の中に、育児休業を自ら望んで延長される方が120人程度いること」、そして復職の意向について明確に確認していないものの、育児休業を望んでいる方が相当数含まれているものと予想されることから、「新要領を適用した場合の待機児童数は最大で200人程度になる」との回答を得ました。

今後の対策について

 このような状況の中、大切なのは改めて待機児童数ゼロをめざすことです。本市では利用者への”寄り添う支援”を促進するため利用案内説明会等の更なる充実、そして保育所整備については「建物改修工事費等の補助基準額の2割引き上げ」、「主要駅での開設後の賃料補助の増額」などを行い、利用者そして事業者への支援を進めていきます。

 また、保育士確保も重要な課題です。市は保育士修学資金貸付事業や保育士宿舎借り上げ支援事業等を活用し、保育士養成施設の学生、とりわけ地方出身学生の誘致を一層強化することなどを通して、各保育事業者が新たに必要となる保育士を確実に確保できるよう支援をしていきます。

 待機児童の問題は若い世代の流入が増加する本市にとって喫緊の課題です。今後も行政の精査を続けながら、より実効性の高い施策の推進を訴えていきます。

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

行政区で異なる人口のピーク〜新たな将来人口推計

数値でみる川崎と高津No.25 シリーズ

行政区で異なる人口のピーク〜新たな将来人口推計

6月2日号

人口150万人を超えた川崎市

数値でみる川崎と高津No.24 シリーズ

人口150万人を超えた川崎市

5月12日号

「子どもファーストの社会へ」

ママにとって子育てしやすい環境を!

「子どもファーストの社会へ」

5月5日号

宮崎・鹿児島の農業施策を学ぶ

志高く真摯に市政へ 市政リポート【20】

宮崎・鹿児島の農業施策を学ぶ

4月14日号

身近なインフラの差が区別投資額の違いに

数値でみる川崎と高津No.23 シリーズ

身近なインフラの差が区別投資額の違いに

4月7日号

教員の多忙化解消に向けて

県政レポート

教員の多忙化解消に向けて

3月31日号

関連記事(ベータ版)

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇一回「大山街道の医師達」

    6月23日号

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇〇回「コレラ」

    6月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/