高津区版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「なぜインフルエンザは、毎年流行するの?」 取材協力/宮川クリニック

久保田医師(中央)と同院スタッフ
久保田医師(中央)と同院スタッフ
 市内では早くも9月に学年閉鎖した小学校が出ているインフルエンザ。インフルエンザが毎年流行する理由と、その症状について、宮川クリニック・久保田医師に話を聞いた。

 久保田医師によると、インフルエンザは3つの型(A・B・C型)があり、流行するのはA型とB型。A型は、ウイルスの表面にある2種類の蛋白の組み合わせによって、様々な型(亜型)を持つ。現在は香港型と、ソ連型が世界で流行。同じ亜型でも、ウイルス遺伝子の変異によって少しずつ病原性が変化するため、毎年のように流行を繰り返す。流行のピークは1月から3月だが、例年11月下旬から12月上旬に症状の発生がみられる。

 主な症状は発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛。重症化するリスクもあり、子どもは中耳炎や熱性けいれんを誘発する場合も。感染予防としては、手洗いの徹底やマスクの着用、ワクチンの予防接種がある。「もしインフルザにかかってしまった場合は、適切な治療を受け、重症化させないことが大切です。症状があれば、早めに受診しましょう」。

宮川クリニック

川崎市高津区諏訪1-3-15

TEL:044-844-9058

http://miyakawa-clinic.jp/index.html

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

高津区版のピックアップ(PR)最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マンション交流コツ学ぶ

マンション交流コツ学ぶ

12月16日 高津区役所

12月16日~12月16日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二五回  「多摩川の洪水対策」

    高津物語

    12月15日号

  • 高津物語

    連載第一〇二四回 「多摩川大洪水」

    高津物語

    12月8日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク