高津区版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

製品改良に中小企業一役 経済

知的財産交流会通じて

開発に携わったWITと清水建設の人たち(写真右)と「Pano Shot R」
開発に携わったWITと清水建設の人たち(写真右)と「Pano Shot R」
 市内の中小製造業3社で構成されるWIT(ウィット)は清水建設株式会社と協力し、リコー社製360度撮影カメラ「シータ」に取り付けて屋根裏などの暗闇を明るく照らす照明付き架台「Pano Shot R」を開発した。

 きっかけとなったのは川崎市が主導して大企業と中小企業の技術の共有、発展を図る知的財産交流会。清水建設の大垣博さんは同社が開発した照明付き架台は明りがまばらであるなど問題点が多く、改良版を作れないかと考えていた。そこに区内の和興計測、岩手電機製作所、津田山製作所で組むWITが協力を申し出た。和興計測の五十嵐祟さんは「大垣さんの強い情熱を感じ、ものづくりのプロとして関わりたいと思った」と協力した理由を話す。

 開発された架台は今後建築業界を主な対象に3年間で1000台程度を目標に販売していく予定だ。

関連記事powered by weblio


高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一六回

    高津物語

    「二子亀屋」

    10月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇一五回

    高津物語

    「日本橋丸善」

    10月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク