高津区版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

連載第一〇一五回

高津物語

「日本橋丸善」

 「日本橋丸善」が元は医者だったとは、今日まで私は知らなかった。

 大学を卒業して一年間、東京の私立高校で専任教員を務めたことがあった時に日本橋「丸善」で書籍を購入しては、月末に支払いに行っていたから、馴染みの筈だが知らなかった。

 「丸善」の創業者は、丸屋善七こと早矢仕有的(はやし ゆうてき)という蘭方医だったそうだ。

 天保八年(一八三七)美濃国(今の岐阜県山県郡)武儀郡笹賀村に生まれた。

 長じて医学と蘭学を学び更に名古屋に出て、鈴木洋造に医学を学び、嘉永五年(一八五二)に郷里で種痘を行ったという。

 この縁で郷里で開業したところ、患者の一人から素質を認められ、江戸へ行く資金援助を受けた。

 文久二年(一八六二)開業、慶応三年(一八六七)二月築地福沢塾に入門、三歳年上の福沢諭吉から英学を学んだ。翌年八月横浜に検梅所ができ、英医ニュートンの下で働いた。この時、医薬品の調達に苦労(偽物をつかまされる苦労が多かった)、一転これがきっかけになって、商社を作る決心をした。後ろ楯は福沢諭吉だった。

 明治二年(一八六九)丸屋はマルの中にMの字を入れて、手始めに医薬品と洋書輸入から経営を始めた。更に診療所・薬局も開き、医薬分業までして日本人に欧米の仕組みを教えた。

 後に洋書販売・出版・薬品卸・唐物屋・石鹸製造・西洋指物・銀行と次々と事業を拡大したが、新しい物好きで、ムラッ気が多く、多くの事業は他人に譲渡してしまっている。O型の血液型だったのかもしれないと思う。

 有的が江戸で開業したのは、両国橋近くの薬研堀だった。年七百両の収入があったにも拘らず、僅か五年足らずで廃業している。

 有的の跡を継いだのは種痘で有名な桑田立斎の養子、衡平だった。

 薬研堀に住み、明治十二年(一八七九)『医戒』という雑誌の編集者となった(以上『東海道医史の旅』―江戸東京編3「丸善の巻」中西淳朗氏の文章を参考させて戴いた)。

関連記事powered by weblio


高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇一七回

高津物語

10月20日号

高津物語

連載第一〇一六回

高津物語

10月13日号

高津物語

連載第一〇一四回

高津物語

9月29日号

高津物語

連載第一〇一三回

高津物語

9月22日号

高津物語

連載第一〇一二回

高津物語

9月15日号

高津物語

連載第一〇一一回

高津物語

9月8日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

どうする!?親の通い介護

どうする!?親の通い介護

11月10日 区役所で講演会

11月10日~11月10日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一七回

    高津物語

    「二子玉川音頭」

    10月20日号

  • 高津物語

    連載第一〇一六回

    高津物語

    「二子亀屋」

    10月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク