高津区版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

連載第一〇一九回高津物語「三軒茶屋」

 溝口で田園都市線上り渋谷行き急行電車に乗ると、次の停車駅は「二子玉川」に止まる。「二子玉川園」はその昔玉川電車の「二子玉川遊園地駅」があった関係で、付けられた駅名である。読売新聞社が経営していたので「読売二子玉川遊園地」とも言った。

 「二子玉川」の次には、「三軒茶屋」に止まる。

 大山街道が三軒茶屋で新旧合流する。三叉路に出来た名の起こりは三軒の茶屋、「信楽」「角屋」「田中屋」が、元禄年間(十七世紀〜十八世紀)頃にあった事から生まれた。

 旧大山道の道標は、新玉川線階段口に立っている。

 (三軒茶屋は私が幼児の頃、中耳炎の手術で、入院した思い出の場所である。)

 世田谷通りを左折すると、道は、北条氏政の命令で、吉良家の重臣大場信久が、天正初年(一五七三)、現在の代官通りに移って来て、代官屋敷を造った。

 直角に曲がる中世独特のクランク型の道にして、世田谷新宿と言った。

 次いで北条氏政は、世田谷の城下町の発展を願って、一と六の日に楽市を行うことを許した。

 が天正十八年(一五九〇)小田原落城と共に禁止され、後に年一回の歳の市だけが行われるようになった。

 この頃、江戸中期頃から農家では農閑期の現金収入の手段として、草鞋(わらじ)や草履(ぞうり)に襤褸(ぼろ)を詰め込んで売った。草鞋用や、作業着の補修用の襤褸が大量に売られたため、「ボロ市」の名がついた(『世田谷の古道』世田谷区教育委員会)。

 明治になって、一月十五日、十六日にも市が開かれるようになり、現在の二回開催となっている。

 大蔵に住んだ徳富蘆花は『ミミズのたわごと』で、「世田谷のボロ市は見ものである。松蔭神社入り口から世田谷の上宿下宿を打通して、約一里の間は…」とボロ市の事を書いている。

 往時、ボロ市のために、往来の家は三尺下がって建てられたと言い、忠実に守った「蕎麦屋さん」と実見した。三軒茶屋から「襤褸市通り」まで興味は尽きない。必見である。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇二一回

高津物語

11月17日号

高津物語

連載第一〇二〇回

高津物語

11月10日号

高津物語

連載第一〇一八回

高津物語

10月27日号

高津物語

連載第一〇一七回

高津物語

10月20日号

高津物語

連載第一〇一六回

高津物語

10月13日号

高津物語

連載第一〇一五回

高津物語

10月6日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

’Xmasツリー点灯式

洗足音大

’Xmasツリー点灯式

11月17日 記念品進呈も

11月17日~11月17日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二一回

    高津物語

    「宿屋」

    11月17日号

  • 高津物語

    連載第一〇二〇回

    高津物語

    「二子玉川」

    11月10日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク