高津区版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

スキースロープスタイル五輪出場かけてW杯へ高津中3年 古賀結那さん

スポーツ

練習で技を決めている古賀さん
練習で技を決めている古賀さん
 来年2月の平昌五輪を控え、各競技で代表の座をかけた熱戦が繰り広げられている。スキーで滑降しながらアクロバットな技の演技を競う競技、スキースロープスタイルの強化指定選手に選ばれている古賀結那さん(高津中3年)も五輪出場を目指すひとり。現在各国で行われているFIS(国際スキー連盟)フリースタイルスキーのワールドカップに今月から4戦出場し、五輪派遣基準となる上位入賞を狙う。古賀さんは「早く雪山に行って大きいジャンプを跳びたい」と語る。

「自分の滑りを世界に披露したい」

 実は今年2月の大会で着地に失敗し右膝前十字靭帯を断裂、全治6カ月のケガを負った。五輪出場に向け、国際競技会で結果が求められる大事なシーズンだが「やっちゃったって、そんなに落ち込まなかった。半年間なら11月の大会に間に合う」と焦りはなかった。

 病院とジムへ週5日通い、リハビリとトレーニングの日々を送った。「こんなに滑らないのは初めて」という人生初のケガ。ネットにアップされる大会の動画を見ては、雪山へ戻りたいという思いを募らせた。

 9月の終わりに雪上練習を再開。「こけたらどうしようってドキドキした」と緊張感があったが「感触は忘れていない」と手応えも。

 「海外の選手はみんな楽しんで試合に臨んでいる。世界のトップ選手が集まる大会に出場して自分のランを見せたいという気持ちが大きい」と古賀さん。

 平昌五輪に向け、ジャンプの大技「スイッチ900」を武器に世界へ挑戦する。

大会前に意気込みを語る
大会前に意気込みを語る

高津区版のローカルニュース最新6件

子どもたちの店賑う

溝口でイルミ点灯式

手作りマルシェで賑う

大山街道

手作りマルシェで賑う

11月17日号

「ふろん太」らが親善大使に

川崎商工会議所

「ふろん太」らが親善大使に

11月17日号

自宅で最期迎えるために

都市農業を考える

都市農業を考える

11月17日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

’Xmasツリー点灯式

洗足音大

’Xmasツリー点灯式

11月17日 記念品進呈も

11月17日~11月17日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二一回

    高津物語

    「宿屋」

    11月17日号

  • 高津物語

    連載第一〇二〇回

    高津物語

    「二子玉川」

    11月10日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク