高津区版

コラムの記事一覧

  • 高津物語

    連載第一〇一六回

    高津物語

    「二子亀屋」

     二子『亀屋』創業は古く、元禄時代(一六八八〜一七〇三)と古い。本館は大山街道に面し藁葺(わらぶき)屋根二階建多摩川鮎魚と共に栄えた。...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇一五回

    高津物語

    「日本橋丸善」

     「日本橋丸善」が元は医者だったとは、今日まで私は知らなかった。 大学を卒業して一年間、東京の私立高校で専任教員を務めたことがあった時に...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇一四回

    高津物語

    「医療から村政へ」

     三百年もの昔の話である。 久本の旧家、今は久本「薬医門」公園として定着している元の主、旧岡家第四世岡道栄は、岡家の伝統を継承すると同時...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇一三回

    高津物語

    「岡家歴代記」

     久本の旧家、岡家の歴史を今に伝える記録が『岡家歴代記』で、岡家初代は岡東栄と云い、享保四年(一七一九)に長崎からやってきて、本名を緒方、俗名は岡姓を名乗ったと...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇一二回

    高津物語

    「逢えてよかったね ―小原孝と逢える街―」

     小原孝作詞曲「逢えて良かったね少しだけ遠回りしたけれど   今はこうして...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇一一回

    高津物語

    「玉川砂利鉄道株式会社 第壱回営業報告書」

     明治四一年二月一三日から同年五月三十一日迄の営業報告書を、文書整理の書庫で見つけ「営業概要」を見た。京橋に事務所を開設、砂利採掘船買収、採掘場を買入れたが調査...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇一〇回

    高津物語

    「久本小学校副校長 鈴木善孝先生の死」

     地元旧家から、お借りしてきた『慎一郎抄』がある。 昭和三三年十月発行者は昭和十一年度神奈川師範卒業生の川崎在職者である。...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇〇九回

    高津物語

    「帝京大学溝口病院」

     「帝京大学溝口病院」が、田園都市線高津駅前に移転してから、三カ月になる。 東急ストア―高津店横の入り口を進むと、素敵なエントランス・ル...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇〇八回

    高津物語

    「二子大貫病院開設」

     岡本かの子の弟、大貫喜久三氏が書いた『杏林虫語』という本が手元にある。 その中に、大貫病院の後継者大貫勇二郎氏の一文がある。昭和初期日...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇〇七回

    高津物語

    「麻疹(はしか)」

     太平洋戦争の最中、東条英機内閣のプロパガンダ政策である「産めよ増やせよ!」を真に受け、父と母は二人の子を出産した。 私の後の出産で妹と...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇〇六回

    高津物語

    「伝染病の恐怖と西洋医学の受容」

     十八世紀後半から十九世紀初頭の日本は、異常気象に落ち込んだ時期だった。 世界気候の小氷河期、寒気のピーク期に当たり、その影響が日本列島...(続きを読む)

  • 高津物語

    連載第一〇〇五回

    高津物語

    「市民活動見本市」

     六月十八日(日)午後「高津区市民活動見本市」開催中の、高津市民館大会議室。ここで高津区の町づくりに関係する団体から推薦された、今年八十才になる人々を表彰する会...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇四回「疱瘡(ほうそう)の脅威」

     江戸時代、死亡率が異常に高かった疫病は、疱瘡(天然痘)だった。急激な発熱と頭痛、筋肉痛に嘔吐(おうと)を伴い、発疹が体中に広がった。...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇三回「高津区医療の土壌」

     高津区の医療の根本は、高津物語が繰り返し指摘してきた町の誕生の歴史に、深く関係している。 今更言うまでもないが、日本列島は十億年前は海...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇二回「大山街道の医療機関」

     古く「矢倉沢街道」は大山阿夫利神社の参拝道と呼ばれ、江戸赤坂御門から、相模内陸部を横断して、富士山麓御殿場を経て、静岡県吉原で東海道と合流する。...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇一回「大山街道の医師達」

     高津地区の医師は、傑出した人物を輩出した割には盛り上がりに欠けていた。 が、大山街道の溝口の次の宿、荏田宿(都築区)の医師たちは、高津...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇〇回「コレラ」

     「コレラ」とは… 「Cholera(英語)虎列刺(漢語)と書き、コレラ菌の感染による急性伝染病をいい、コレラ菌の作用で腸粘膜上皮の電解...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九九回「高津の町の創始」

     元々は、多摩川の氾濫原の水底にあった高津区の土壌のことを、普段は忘れている私達である。 それで良いのだけれど、時々は思い起こして欲しい...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九八回「中世の大山街道」

     中世期から近世にかけて大山街道溝口宿は、大きな変貌を遂げつつあった。 古代において多摩川の底にあった「大山街道」が、中世期に数回にわた...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九七回「影向寺縁起」

     『影光寺縁起』は、影向寺が「聖武天皇の夢のお告げで創建された」と記したきわめて貴重な縁起である。  新御願寺東大寺...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九六回「大山街道と地域医療」

     一六五七年(明暦三年)一月十八日に起こった江戸時代最大の火事は、本郷丸山町から出火した「明暦の大火」で、死者十万人を超えた。 供養のた...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九五回「大山街道と医療」

     大山街道の幕開けが、先端医療を司る医師達によって、切って落とされた事実は、衝撃的でさえある。  「医者」の「医」という...(続きを読む)

  • 高津物語

    宮前区・高津区特別編

    高津物語

    「矢倉沢往還・溝口宿」

     江戸時代中期から明治末期ごろまで、大山の関所への矢倉沢往還は赤坂御門を起点に、三軒茶屋から瀬田を経て、多摩川で二子の渡しを渡る。東京都心から二〇キロ...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九四回「首斬朝右衛門」

     大山街道溝口宿には古く様々な人物が出没した。 その一人、人呼んで「首斬り朝右衛門」がいる。 先祖は据物斬(土壇...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九三回「年をとるということ」

     まさか自分が、八十才六カ月まで生きてこようとは私は、予想も、想像もした事が無かったから、自分で自分に呆れ果てている。 「良くぞ、長生き...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九二回 「櫻花爛漫」

     桜花爛漫の候である。だが、高津小学校の桜は残念ながら切り刻まれ、僅かに小さな小枝が花を付けている感じである。 桜に対する感触が、この二...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九一回 「高津駅前の変貌」

     春になったが、まだまだ寒い日が続いている。 帝京大学医学部附属溝口病院で打って頂いた「インフルエンザ予防接種」の御蔭で、今年もどうやら...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九〇回「第百回久末農産物品評会」

     川崎市が市制を敷く以前大正五年一二月から百年間堂々として開催されてきた「久末農産物品評会」が今回遂に百回を迎えられ、記念誌が刊行された。...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九八九回  「二子玉川の景観」

     国木田独歩が住んだ渋谷区道元坂頂上近く「道玄坂派出所」先を右折、狭い坂道が「青山道」起点、往時の面影が比較的残る。 明治四四年(一九一...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九八八回  「オリンピック選手村」

     昭和十五年に日本が立候補した「オリンピック競技大会」は、評決の結果、フィンランドを大差で破り、東京に決定した。 オリンピックが初めてア...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一六回

    高津物語

    「二子亀屋」

    10月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇一五回

    高津物語

    「日本橋丸善」

    10月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク