高津区版

コラムの記事一覧

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇一回「大山街道の医師達」

     高津地区の医師は、傑出した人物を輩出した割には盛り上がりに欠けていた。 が、大山街道の溝口の次の宿、荏田宿(都築区)の医師たちは、高津...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇〇回「コレラ」

     「コレラ」とは… 「Cholera(英語)虎列刺(漢語)と書き、コレラ菌の感染による急性伝染病をいい、コレラ菌の作用で腸粘膜上皮の電解...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九九回「高津の町の創始」

     元々は、多摩川の氾濫原の水底にあった高津区の土壌のことを、普段は忘れている私達である。 それで良いのだけれど、時々は思い起こして欲しい...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九八回「中世の大山街道」

     中世期から近世にかけて大山街道溝口宿は、大きな変貌を遂げつつあった。 古代において多摩川の底にあった「大山街道」が、中世期に数回にわた...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九七回「影向寺縁起」

     『影光寺縁起』は、影向寺が「聖武天皇の夢のお告げで創建された」と記したきわめて貴重な縁起である。  新御願寺東大寺...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九六回「大山街道と地域医療」

     一六五七年(明暦三年)一月十八日に起こった江戸時代最大の火事は、本郷丸山町から出火した「明暦の大火」で、死者十万人を超えた。 供養のた...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九五回「大山街道と医療」

     大山街道の幕開けが、先端医療を司る医師達によって、切って落とされた事実は、衝撃的でさえある。  「医者」の「医」という...(続きを読む)

  • 高津物語

    宮前区・高津区特別編

    高津物語

    「矢倉沢往還・溝口宿」

     江戸時代中期から明治末期ごろまで、大山の関所への矢倉沢往還は赤坂御門を起点に、三軒茶屋から瀬田を経て、多摩川で二子の渡しを渡る。東京都心から二〇キロ...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九四回「首斬朝右衛門」

     大山街道溝口宿には古く様々な人物が出没した。 その一人、人呼んで「首斬り朝右衛門」がいる。 先祖は据物斬(土壇...(続きを読む)

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九三回「年をとるということ」

     まさか自分が、八十才六カ月まで生きてこようとは私は、予想も、想像もした事が無かったから、自分で自分に呆れ果てている。 「良くぞ、長生き...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

6月15日号

中学生、父親の命救う

犬蔵中土橋竜治君

中学生、父親の命救う 社会

6月9日号

黄金世代、最後の全国へ

ソフトテニス

黄金世代、最後の全国へ スポーツ

6月17日号

ゆずの苗木で20周年祝う

岡村公園

ゆずの苗木で20周年祝う 社会

6月15日号

定期航路便 実現に光

久里浜港

定期航路便 実現に光 経済

6月9日号

気合十分「行くしかねぇ」

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇一回「大山街道の医師達」

    6月23日号

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇〇回「コレラ」

    6月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/