多摩区版

2016年3月の記事一覧

  • 道路・公園を整備して住み良いまちに

    市政報告

    道路・公園を整備して住み良いまちに

    川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

     川崎市の2016年度の予算案が川崎市議会定例会で審議され、今月18日に閉幕しました。 その中で注目したのは「公園緑地施設費」と「区政振...(続きを読む)

  • 「目まい」で脳卒中の早期発見を

    「目まい」で脳卒中の早期発見を

    多摩脳神経外科が移転開設

     脳疾患や運動器に関する「地域のかかりつけ医」を目指し、2001年に多摩区登戸で開院した「多摩脳神経外科」が4月1日に移転し、新施設をオープンさせる。脳梗塞やく...(続きを読む)

  • かわさきマイスター募集

    かわさきマイスター募集

    「匠の技術を市の財産に」

     川崎市は「ものづくり」に関する優れた技術・技能を持つ匠を認定する「2016年度かわさきマイスター」を募集する。これまで洋菓子士・美容師・板金・旋盤・めっきなど...(続きを読む)

  • 登戸台和で桜まつり

    登戸台和で桜まつり 文化

    4月3日

     第4回「台和さくらまつり」が4月3日(日)、二ヶ領用水上河原線沿いの桜並木で開催される。主催は同実行委員会。 ポップコーンなど屋台、野...(続きを読む)

  • 「平穏死」医師語る

    「平穏死」医師語る 社会

    チーム・たま 講座に300人

     在宅医療を推進しようと、区内の医療や介護、福祉などの関係者で作る多職種ネットワーク組織「チーム・たま」が18日、市民公開講座を多摩市民館で開いた。約300人が...(続きを読む)

  • かわさき名産品の活用を

    かわさき名産品の活用を 経済

    実行委員会が呼びかけ

     お土産やおもてなしに「かわさき名産品」を――。 川崎商工会議所、川崎市観光協会、川崎市などで構成される「かわさき名産品認定事業実行委員...(続きを読む)

  • 空き店舗活用で受賞

    空き店舗活用で受賞 経済

    ティーダバル

     川崎市内商店街の3年以内に開業した商店等を対象にした、空き店舗活用アワード事業で、西生田商盛会のスペインバル「Ti―da Bar」(ティーダバル)店主、佐藤惠...(続きを読む)

  • 山川さんら準V

    たま音楽祭出演デュオ

    山川さんら準V 文化

    「おやじバンド」祭典で健闘

     多摩区ゆかりのアマチュアフォークデュオ「山川こうたろうwith麺鉄音(めん...(続きを読む)

  • 「のらぼう菜」駅グルメに

    「のらぼう菜」駅グルメに 社会

    市とJRが限定メニュー

     川崎の伝統野菜「のらぼう菜」を使った限定メニューが、武蔵小杉駅(中原区)など県内4駅の飲食店で今月22日から販売されている。地産地消を掲げた企画として、市と東...(続きを読む)

  • 佐藤 惠子さん

    川崎市「第1回 いらっしゃい!商店街のNew Shop」で奨励賞に輝いた

    佐藤 惠子さん

    南生田在住 61歳

    陽気と勇気、いつも心に ○…3度のスペイン旅行で人々が集いワインと会話を楽しむ「バル」に心惹かれ、3年前にワインと家庭料理...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/